ハース
2016年にF1参入するハースは、フェラーリの“ジュニアチーム”の働きをするとの見方を否定した。

ハースは、フェラーリと技術提携を結んでおり、パワーユニットを含め、多くのコンポーネントの供給を受ける。

ドライバーには、ロマン・グロージャンのチームメイトとして、フェラーリのリザーブドライバーを務めたエステバン・グティエレスを起用する。

しかし、ジーン・ハースは、フェラーリのジュニアチームとして存在しているとの見方を否定した。

「私はチームのポジションを“ジュニアチーム”とはみなしていない」とジーン・ハースはコメント。

「その場にいれば、彼らを倒したい。我々は引き下がらないだろう。だが、もちろん、全てのレースでフェラーリの後ろでフィニッシュできるのならやぶさかではないがね!」

「そうなれば悪くはないだろう。このスポーツでは、技術的なパートナーシップはひとつのことであり、レースはまた別物だ。ジュニアチームとは感じていないし、ジュニアチームになりたくはない。クルマの優れた部分は我々のデザインであり、我々は独立チームだと十分に言える」

ジーン・ハースは、2016年のデビューにむけて、ロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスのペアに大きな期待を寄せている。

「我々と同じページにいるドライバーを探していた。ロマンとエステバンは、我々の特定のプロフィールにフィットしていた。二人とも非常にハングリーであり、スーパーチャンピオンのような“スーパーエゴ”がない。彼らはまだ十分に学べる若さだ。彼らがお互いから学ぶことを期待しているよ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース