ハースの2021年11月のF1情報を一覧表示します。

ミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」

2021年11月30日
ハースF1のミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」
ミック・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルがF1についてのすべての質問に答えてくれたことで、政治的なミスを犯すことを避けることができたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ハースF1のルーキーであるミック・シューマッハのメンターの役割を果たしており、F1パドックのライバルチームのドライバー間でパドックで最も友好的なペアとして確立されている。

ニキータ・マゼピンの父親 「F1チームの買収は諦めていない」

2021年11月28日
ニキータ・マゼピンの父親 「F1チームの買収は諦めていない」
ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンは、彼の会社であるウラルカリがハースF1の支援を強化する準備はできていると述べ、F1チームを完全に買収する可能性もまだ除外していない。

ロシアで最も裕福なビジネスマンのトップ100にランクインしているドミトリー・マゼピンは、世界最大級の化学肥料企業であるウラルカリを介してハースF1を支援している。

ハースF1、ロバート・シュワルツマンをアブダビテストに起用

2021年11月26日
ハースF1、ロバート・シュワルツマンをアブダビテストに起用
ハースF1は、フェラーリのジュニアドライバーであるロバート・シュワルツマンを12月の最終戦F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで開催されるヤングドライバーテストに起用する。

ヤス・マリーナ・サーキットでの2日間のポストシーズンテストでは、ウィリアムズを除くF1チームがピレリのタイヤテストプログラムの一環として18インチホイールを装着したミュールカーを走らせ、1日はルーキーステータスドライバーが2021年仕様のF1マシンを走らせる。

ニキータ・マゼピン 「メカニックは奇跡の仕事をやってのけた」

2021年11月21日
ニキータ・マゼピン 「メカニックは奇跡の仕事をやってのけた」 ハース F1カタールGP 予選
ハースF1チームのニキータ・マゼピンは、2021年F1カタールGPの予選を最下位で終えたが、予選に出走できるようにマシンを修復してくれたメカニックに感謝の言葉を述べた。

フリー走行1回目にターン15でマシンを損傷させたことで、ハースF1はニキータ・マゼピンのシャシーを交換することを決断。フリー走行2回目を逃すことになった。

ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」

2021年11月20日
ミック・シューマッハ 「今のフェラーリF1の“Bチーム”はハース」
ハースF1は急速にF1で“フェラーリのBチーム”になりつつある。そう主張する現在のハースのF1ドライバーであり、フェラーリの“アカデミー”所属ドライバーで7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハだ。

ハースF1は、今シーズン本当に苦戦を強いられているが、それはチームが来季の次世代F1マシンに焦点を当てているため、2021年マシンはほぼ開発されておらず、基本的に2022年マシンで戦っているからでもある。

F1カタールGP:ニキータ・マゼピン、シャシー交換によりFP2不参加

2021年11月19日
F1カタールGP:ニキータ・マゼピン、シャシー交換によりFP2不参加
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1カタールGPのフリー走行1回目にシャシーにダメージを負ったことで、フリー走行2回目に参加しないことが発表された。

損傷により、ハースF1はニキータ・マゼピンのシャーシを交換することを余儀なくされ、2回目のセッションに参加することができなくなった。

F1ブラジルGP予選後にニキータ・マゼピンが涙を流した理由

2021年11月16日
F1ブラジルGP予選後にニキータ・マゼピンが涙を流した理由
ハースF1のニキーター・マゼピンは、F1ブラジルGPの予選に対する感情的な反応は、チームを離れることを決断したチームメンバーへの気持ちも部分的に関係していると語った。

金曜日の予選でミスを犯したニキータ・マゼピンは、涙をこらえきれなかった。最終的にQ1の最後のラップでミスを犯したことで最下位20番手に終わった。ニキータ・マゼピンは、チームメイトのミック・シューマッハを凌駕するペースがあり、ウィリアムズのジョージ・ラッセルに挑戦する可能性さえあると確信していた。

最下位のニキータ・マゼピン、自分の走りに納得できず涙

2021年11月13日
最下位のニキータ・マゼピン、自分の走りに納得できず涙 / ハース F1ブラジルGP 予選
ハースF1のニキータ・マゼピンは、2021年F1ブラジルGPの予選で最下位20番手。セッション後のインタビューで自分の走りに納得できず、涙を流した。

ルーキーとしてインテルラゴス・サーキットでの初走行となったニキータ・マゼピン。Q1のアタックではターン12でミスを犯し、チームメイトから0.260秒遅れの20番手で予選を終えた。

ハースF1、貨物の遅れでエンジンが届かず徹夜作業 / F1サンパウロGP

2021年11月12日
ハースF1、貨物の遅れでエンジンが届かず徹夜作業 / F1サンパウロGP
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、貨物の遅れによってエンジンが到着せず、チームのマシンの組み立てに遅れが生じたことで、F1が木曜日の夜の夜間外出禁止令を放棄したことを確認した。

重要な要素は、今週初めにメキシコとブラジルの間を移動する予定だったが、F1は悪天候のためにフライトが延期されたと述べている。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム