ハースF1、貨物の遅れでエンジンが届かず徹夜作業 / F1サンパウロGP
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、貨物の遅れによってエンジンが到着せず、チームのマシンの組み立てに遅れが生じたことで、F1が木曜日の夜の夜間外出禁止令を放棄したことを確認した。

重要な要素は、今週初めにメキシコとブラジルの間を移動する予定だったが、F1は悪天候のためにフライトが延期されたと述べている。

それ以来、遅れた貨物は木曜日の後半にインテルラゴスに到着しだした。ホンダはソーシャルメディアを介してエンジンが到着したことを確認しているが、その結果、ハースF1のフェラーリ性パワーユニットはまだ途中であり、チームはすでに通常の準備から多くの時間を失っている。

その結果、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームが金曜日のフリープラクティスにまでマシンを準備するために夜遅くまで作業できるよう対応がとられたことを明らかにした。

遅延がハースF1にどのような影響を及ぼしているかと質問されたギュンター・シュタイナーは「どの自動車部品が欠けているのか正確には分からないが、エンジンが欠けているのは確かだ」と述べた。

「ツールボックスが届いていないと思う。すべてが航空貨物で行われるため、ツールボックスがないと作業はできない」

「基本的に、我々はまだマシンで作業することができない。パーツがあったとしても、工具がないので作業できなかった」

「今夜の夜間外出禁止令は免除された」

F1は、声明の中で、貨物の遅延がサンパウロGPの週末全体に大きな影響を与えるとは予想しておらず、金曜日のセッションは当面予定通りに行われると予想されていると述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1ブラジルGP