ハースF1のミック・シューマッハ 「ベッテルからの助言で政治的なミスを防げている」
ミック・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルがF1についてのすべての質問に答えてくれたことで、政治的なミスを犯すことを避けることができたと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ハースF1のルーキーであるミック・シューマッハのメンターの役割を果たしており、F1パドックのライバルチームのドライバー間でパドックで最も友好的なペアとして確立されている。

ミック・シューマッハは、明らかな理由で父親をレースの現場に連れてくることができないため、セバスチャン・ベッテルがF1で身を守る方法についてのガイダンスを提供してきた。

F1 Insiderのインタビューで、ミック・シューマッハは、インタビュアーが“サメの水槽”と称するF1パドックの危険から避けるためにセバスチャン・ベッテルがどのように助言してくれたかを明らかにした。

「最初はたくさんの質問をしたけど、彼はそれらすべてに答えてくれた」とセバスチャン・ベッテルとの関係についてミック・シューマッハは語った。

「そのことにとても感謝している。彼は僕の父のことをよく知っていて、F1での僕の最初の連絡先になった」

「彼は非常に多くの経験を積んでいて、これまでにあらゆる状況を経験してきた。でも、プライベートでも彼はとてもいい人だし、とても良い友人だ」

「こう言い換えてみよう。彼のアドバイスによっていくつかの間違いを防ぐことができている」

ミック・シューマッハが遭遇する政治的状況の中には、ハースF1チーム内のダイナミクスがある。ハースF1でガレージの反対側にいるドライバーは、チームの主要スポンサーの息子であるニキータ・マゼピンだ。

2人のルーキーはデビューシーズンに何度かコース内外で争い、特にレース週末のセッション後のインタビューでお互いに対してさまざまな発言をしてきたが、ミック・シューマッハは外部で認識されているよりも、緊張関係は穏やかだったことをほのめかした。

競争力のないマシンでニキータ・マゼピンと二人で後方争いを余儀なくされているミック・シューマッハは「内部的には、実際にはそれほど激しい決闘ではなかった」と語った。

「でも、特定の話題がメディアで非常にオープンに議論されたのは、僕にとって新しく、珍しいことだった。でも、結局、僕はそれにこだわるのではなく、自分のことだけを続けた」

ルーキーにとってクラッシュは当然のことではあるが、ミック・シューマッハは特にシーズン中盤にクラッシュが多発したことで、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーからいくつか批判を受けた。

だが、ミック・シューマッハは、批判されるのは当然のことであり、すべて学習プロセスの一部だったと語る。

「誰もが自由にそして率直に意見を述べることができる」とミック・シューマッハは語った。

「批判が僕に悪影響を及ぼすことはない。それどころか、批評から学べるし、その後のパフォーマンスにもそある程度関係している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / セバスチャン・ベッテル / ハース