ニキータ・マゼピンの父親 「F1チームの買収は諦めていない」
ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンは、彼の会社であるウラルカリがハースF1の支援を強化する準備はできていると述べ、F1チームを完全に買収する可能性もまだ除外していない。

ロシアで最も裕福なビジネスマンのトップ100にランクインしているドミトリー・マゼピンは、世界最大級の化学肥料企業であるウラルカリを介してハースF1を支援している。

「契約は長期的だ」と53歳のドミトリー・マゼピンはMatchTVに語った。

「固定期間と延長オプションがある。多くのファンがコストに興味を持っていることは理解しているが、それは企業秘密であるため、数字を明らかにすることはできない」

ハースF1の2021年シーズンは特に期待外れだったが、その企業秘密の支援金額は今後上昇する可能性がある。

「今シーズンは難しいことが判明した。マシンは遅かった」とドミトリー・マゼピンは語る。

「チームは今シーズン初めに開発しないことを発表したが、ドライバーも2人とも若い。ポイントを争うチャンスはほとんどなかったが、二人もたゆまぬ努力をしてきた」とドミトリー・マゼピンはミック・シューマッハにも言及した。

「彼らの姿勢には満足しているが、来シーズンは励みになると思う。まず第一に、新しいマシンがある」

確かにハースF1の2022年F1マシンは、マラネロのフェラーリ本社の敷地内にある新しい施設で開発されている。加えて、今では追加の資金があるようだ。

「我々は、ハースF1の従業員がチームにとどまり、プロセスにもっと関与するモチベーションとなるような追加の条件を自発的に提供する準備ができている」とドミトリー・マゼピンは語った。

「1シーズンに世界23か国に旅行するのは難しいことであることは理解している。ここでは、人的要因が大きな役割を果たしている。そのため、社内でのモチベーションを高め、スポンサーとしてチームの一員となるように最善を尽くしている」

また、ドミトリー・マゼピンはまた、いつの日か自分をF1チームのオーナーと呼ぶことを目指していると繰り返し述べた。

「我々はモータースポーツに大きな野心を持っている」と過去にフォース・インディアを買収するための入札で敗れたドミトリー・マゼピンは語った。

「確かにチームを購入する試みは失敗したが、このトピックを過去のものにするつもりはない。そして、それはニキータのキャリアのためではない」

「これらは我々の長期計画だ。我々はF1での存在感を拡大したいと考えている。我々は、F4、F3、F2に関与しているが。理想的には、王冠はF11チームであり、そのオーナーになりたいと考えている」

「現時点では、誰とも交渉していない。2022年にカードが公開されるのを誰もが待っているからだ。いくつかの小さなチームが突然成功した場合、コストと魅力は違ったものになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース