ロマン・グロージャン 「ハースF1から復帰オファーがあっても受けなかった」
ロマン・グロージャンは、ハースF1チームが元チームメイトのケビン・マグヌッセンではなく、自分にオファーをしてきていたら、F1復帰に「ノー」と言っていただろうと主張する。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、4シーズンにわたってハースF1チームでチームメイトであり、チームがコンストラクターズ選手権で5位を獲得した2018年にt-ムのベストフィニッシュに大きな貢献を果たした。

しかし、F1マシンの競争力を保つために資金を資金が必要になったことで、ハースF1チームはスポンサーシップで多くの資金をもたらすミック・シューマッハとニキータ・マゼピンを起用を決断したことで、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはシートを失った。

ハースF1チームを去ったあと、ロマン・グロージャンはインディカー、ケビン・マグヌッセンはスポーツカーと異なるキャリアの章を開いていた。

ロマン・グロージャンは、インディカーの初年度にパートタイムのスケジュールでの参戦にも関わらず、ほぼルーキー・オブ・ザ・イヤの素晴らしいパフォーマンスを見せ、2022年には名門アンドレッティ・オートスポーツに移籍。もし、ハースF1チームが自分の電話を鳴らしていたとしてもF1に戻ることはなかったと述べた。

「多くの人が僕に戻るかどうか聞いてきたけど、復帰したなかったお思う」とロマン・グロージャンはmotorsportweek.comに語った。

「僕はアメリカで本当にハッピーだし、インディカーに本当に満足している。毎週末とても興奮しているし、レースに出場して勝利を狙うことができる」

「僕はF1で素晴らしいキャリアを積んだ。すべてのレースが僕の身になっているし、人生の非常に大きな部分だ」

「でも、僕はもう次の章に進んでいる。次の章は、レースに勝ち、チャンピオンシップに勝つことを目指せることが重要だ。だから、僕は電話がかかってきても、前向きに答えなかっただろう」

ハースF1チームは、ロシアのウクライナ侵攻に続いてニキー・マゼピンを解雇し、ケビン・マグヌッセンに電話をかけた。チームメイト時代、2人の間には2回のコース上のインシデントがあった、ロマン・グロージャンは元チームメイトのためにうれしく思っていると述べた。

「素晴らしいことだと思う。ケビンのことはとてもうれしく思っている」とロマン・グロージャンは語った。

「彼はとても素晴らしい男だ。僕たちは常にうまくやっていたわけではないし、チームメイトとのレースについてはある意味別の見方をしていた」

「僕たちはレーストラックで数回ホイールをぶつけ、チームメイトとして考えていることについて話し合った。そこからは非常にスムーズだった」

ロマン・グロージャンは、ミック・シューマッハが「非常に速い」チームメイトを迎えることになるだろうと語るが、ハースF1チームの車に競争力がないのではないかと心配している。

「ハースは、世界で起こっているこの状況の中にいて、さまざまな決定が下された。彼らはウラルカリとのスポンサーシップをストップした」

「マゼピンがハースのためにドライブした理由は、彼がチームに巨額のスポンサーをもたらしたからだと思う」

「ミック・シューマッハにとって、彼にはF1で多くの経験を持った、とても速いチームメイトを迎えることになる。ケビンの強みは、いつでも車をそのまま運転できることだ」

「彼はそうするだろうし、彼が速く走るために完璧である必要はない。彼は車に対処する。ハースが彼に競争力のある車を与えることを願っている」

「競争力がないのではないかと心配しているけど、誰にも分からない。僕が間違っていて、ケビンが前線で戦えることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース