元ハースF1のロマン・グロージャン、子供達がデザインしたヘルメットでインディカーへ
元ハースF1のロマン・グロージャンは、インディカーの初テストに子供たちが最後のF1レースのためにデザインしてくれたヘルメットを着用する予定だ。

ロマン・グロージャンは、F1バーレーンGPでマシンが大炎上するクラッシュで手にやけどを負ってレースを欠場することになった後、F1アブダビGPの週末にユニークなヘルメットを披露していた。

ヘルメットには3人の子供達によって絵と色付けがされており、ロマン・グロージャンはそのヘルメットを着用する機会がなかったことを惜しんでいた。

当時のツイートでロマン・グロージャンは「僕が想像できるなかで最も美しいヘルメットだ。アブダビでの最後のF1レースのためにサシャ、サイモン、カミーユによって作成された。あまりにも美しいので、家に未使用のまま置いておくことはできない!」と語っていた。

その後、ロマン・グロージャンは、2021年にデイル・コイン・レーシングと契約してインディカーに参戦することが決定。コックピットに戻るときには子どもたちがデザインしてくれたヘルメットを着用することを明かした。

「そうだね。最初のテスト、そして、おそらくシーズンの最初のレースのためにはそのヘルメットで運転するつもりだ」とロマン・グロージャンは説明した。

「スポンサーを更新し、ハースのロゴを非表示にして、デイル・コインのロゴを付けているだけだ。でも、そうだね、そのヘルメットをレースするつもりだ。僕にとって大きな意味がある」

ロマン・グロージャン 子供たちがデザインしたヘルメットロマン・グロージャン 子供たちがデザインしたヘルメットロマン・グロージャン 子供たちがデザインしたヘルメット

ロマン・グロージャンは今月後半に初めてインディカーをテストする。昨年11月のF1バーレーンGPでの激しいクラッシュ以来のレーシングカーとなる。火傷した左手は今や完全に回復しつつあるが、事故による他の悪い副作用はなかったとグロージャンは語る。

「人生に対する見方は少し違っているけど、いつだって自分に戻る傾向がある」とロマン・グロージャンは説明。

「手には傷跡があるし、脳には(精神的な)傷跡があるけど、それは脳のネガティブな傷跡ではない。は非常にポジティブだと思う」

「人生がどのように進むか、そして、それがどれほど早く消えるかをより理解しているような感じだ。そして、僕は生きていることを幸せだと思っている」

「子供たちと一緒に時間を過ごすことができて、どのレースで走りたいかを決めることができるのは幸せなことだ。それが大きなことだと思う」

「F1にいるときは、ほぼどんな犠牲を払っても本気でF1に留まろうとするものだ、そして、今、僕はそれを理解している。素晴らしいものだったし、それは僕のキャリアで何も変えわらない」

「でも、F1以外でやるべきことはたくさんあるし、僕はそれを受け入れる準備ができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ヘルメット / インディカー / ハース