ロマン・グロージャン 「ハースF1にはお金が必要だった」
ロマン・グロージャンは、ハースF1から2021年に自分とケビン・マグヌッセンの二人と保持しないという決定はが経済的な理由で行われたと知らされたと明かした。

ハースF1は、10月22日(木)にロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが今シーズン末にチームを去ることを発表。グロージャンは2016年にハースF1の初参戦時からチームに所属し、翌年に加入したケビン・マグヌッセンと4年間チームメイトを務めてきた。

2021年にドライバーラインナップを一新することになったハースF1は2人のルーキーを起用すると考えられており、1人はフェラーリのジュニアドライバー(おそらくミック・シューマッハ)、そして、もう一人はロシアから豊富な資金をチームにもたらすニキータ・マゼピンがシートを獲得するとみられている。

ロマン・グロージャンは、2021年に自分とケビン・マグヌッセンのどちらか1人はシートを維持すると考えていたが、二人とも必要ないと伝えられたことには驚いたと明かす。

「世界的の状況によって、おそらく僕たちのうちの1人はシーズン末に放出されるだろうことは分かっていた」とロマン・グロージャンはF1ポルトガルGPの木曜記者会見で語った。

「新型コロナウイルスにより、世界中の多くの企業にとって財政的に非常に困難になっている。だから、僕たちのうちのどちらか一人が放出されることは分かっていた」

「だから、ギュンター(シュタイナー/チーム代表)から電話がかかってきたときには『僕たちのうちの1人が出ていくことになることは分かっていた』と彼に離した」

「でも、彼は 『いいえ、経済的な理由で両方とも放出する必要がある』と言った。だから、文句はないし、完全に理解している。新型コロナウイルスによって今年は厳しい年であり、多くの業界や企業がそれに苦しんでいることを知っている」

「チームは別の道を進んでいる。今後の活躍を祈っている」

ロマン・グロージャンは、フォーミュラEとWEC(世界耐久選手権)への転向を検討していると理解されている。
「自分がレースをしたいと思ういくつかの議論といくつかのオプションがある」とロマン・グロージャンは語った。

「勝利のフィーリングを恋しく思っているし、今週末は勝利を争える、自分は表彰台を争うことができると考えてレースの週末に臨む気持ちを恋しく思っている。Q1を通過して、何かが起これば1~2ポイントは獲得できるだろうと期待するのではなく、勝利や表彰台にたどり着くためにベストを尽くすような環境を必要がとしている」

「このようなときにベストを尽くさないという意味ではないけど、レーサーとしての何かを逃している。自分にとって良い選択肢を見つけて、できるだけ早く皆さんに知らせられることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース