ロマン・グロージャン、2020年末でのハースF1からの離脱を発表
ロマン・グローキャンは、2020年シーズン末でハースF1チームを去ることを発表した。

2016年にハースがF1に参戦して以来ドライバーを務めてきたロマン・グロージャンは、5年間でここまでチームのドライバーを務めてきたが、F1アブダビGPでチームを離れることになった。まだ今後の去就については発表されていない。

「最後のチャプターは閉じられ、本は終わった」とロマン・グロージャンはFacebookに投稿した。

「僕は初日からハースF1チームに所属してきた。5年間で浮き沈みはあったが、92レースで110ポイントを獲得したが、その旅はそれだけの価値があった」

「多くのことを学び、より良いドライバーにいなると同時により良い男になれるように改善してきた。チームのメンバーが彼ら自身を向上させる手助けができたことも願っている」

「それは2016年のクレイジーな最初のレースや2018年のオーストリアGPの4位を超えて僕の誇りだ」

「将来のチームの活躍を願っている」

ロマン・グロージャンは、2022年からWECに復帰するプジョーのプロジェクトやフォーミュラEへの参戦が噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース