ジョージ・ラッセル フォース・インディア ブラジルグランプリ インテルラゴス・サーキット
GP3チャンピオンのジョージ・ラッセルが、インテルラゴスで開催されるF1ブラジルGPでフォース・インディアのフリー走行1回目を担当し、F1グランプリ週末でデビューを果たすことが発表された。

メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセル(19歳)は、2017年のGP3にARTグランプリから参戦して最終ラウンドを残してチャンピオンを獲得した逸材。F1ブラジルGPではセルジオ・ペレスに代わってフォース・インディア VJM10を走らせる。

また、最終戦アブダビGPでもフリー走行1回目で走ることが決定しており、ヤス・マリーナ・サーキットではエステバン・オコンのマシンを走らせる。

「ブラジルとアブダビでサハラ・フォース・インディアのためにフリー走行1回目でドライブすることにとても興奮している」とジョージ・ラッセルはコメント。

「2017年はすでに素晴らしいチャンスでいっぱいのシーズンだったし、この2回の走行でシーズンを終えられるのは素晴らしい気分だ」

「以前にVJM10をドライブしたことはないし、インテルラゴスを走るのも初めてだけど、そのチャレンジを本当に楽しみにしている。この機会を与えてくれたサハラ・フォース・インディアに心から“ありがとう”と言いたい。またメルセデスの継続的なサポートにも感謝している」

フォース・インディアのチームプリンシパル兼マネージングディレクターのビジェイ・マリヤは、ジョージ・ラッセルに最高のステージで走る機会を与えることに“満足している”と付け加えた。

「彼には有望な才能があり、我々はGP3での彼の成功を間近でフォローしてきた」とビジェイ・マリヤはコメント。

「ジョージはすでに我々のシミュレーターに数回乗っており、チームとうまく連携している。コンストラクターズ選手権4位を獲得した今、我々が将来に目を向けるには理想的なタイミングであり、ジョージのフリープラクティスデビューをハンドリングすることで、彼のポテンシャルを評価することができる」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスの若手育成プログラムの一環として8月にハンガロリンクで開催されたインシーズンテストでメルセデス W08を走らせている。

関連:
【GP3】 ジョージ・ラッセルが2017年のチャンピオンを獲得 - 2017年10月9日
メルセデス、ジョージ・ラッセルと育成ドライバー契約 - 2017年1月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | GP3 | ジョージ・ラッセル