ジョージ・ラッセル 8番手 「ドライでは速いレースカーがある」 / メルセデス F1イギリスGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を8番手で終えた。

「Q1では車のフィーリングが本当によく、とても自信があったけど、Q2で少し悪くなり、Q3では車に自信が持てなくてミスをしてしまい、そこからリカバーするのは大変だった」とジョージ・ラッセルはコメント。

「誰にとってもトリッキーだったけど、もっと良い予選セッションができなかったことに少しがっかりしている。ポールを争うとは思っていなかったけど、もっと上位は可能だった」とジョージ・ラッセルはコメント。

「FP3では、ドライでのペースが良く、非常に力強く見えたし、順調に進んでいるように感じていた。 予選よりもはるかに速いレースカーを持っていることを分かっているので、明日何ができるか見てみよう」

「8番手スタートは劣勢だし、ミッドフィールドの車をできるだけ早く攻略する必要がある」

「ドライでのレースペースは、レッドブルやフェラーリと戦う車を持っていると感じているので、明日は全力を尽くす」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1イギリスGP