メルセデスF1加入のジョージ・ラッセル 「ハミルトンとチームとして協力することが鍵」
メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、F1の新しいレギュレーションのサイクル初期段階はチームの急速な発展を意味するため、2022年はルイス・ハミルトンと調和して協力できることが重要だと語る。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1からステップアップし、新レギュレーションの到来とともにバルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に加入する。

ルイス・ハミルトンは前人未踏の8回目のF1タイトル獲得を目指しすことになるが、ジョージ・ラッセルはまだF1でのキャリア初勝利を目標としている若者だ。

だが、2022年シーズンに向けて、ジョージ・ラッセルはルイス・ハミルトンと一緒に働くことができることを期待している。

「ルイスと僕の間には多くの敬意があると思う」とジョージ・ラッセルはF1 Nationに語った。

「僕たちはキャリアの非常に異なる段階にいると思う。

「ルイスがいるのには理由がある。彼は史上最高だ。僕はそこに入ることになるし、僕たちはレース毎にお互いに助け合う必要があると思う」

「開幕戦で誰が最速のマシンを持っているかではなく、シーズンを通して誰が最速のマシンを持っているかが重要だ。そして、ドライバーとして、1つのチームとして協力して前進させる必要がある。それが鍵になるだろう」

ジョージ・ラッセルは、F1デビューを果たしたウィリアムズF1で過ごした3年間を愛情を込めて振り返る。そこで経験を積み、F1のコツを学んできた。

「彼らは僕にF1での最初の機会を与えてくれた。が永遠に感謝すると思う」とジョージ・ラッセルは語った。

「しかし、何よりも、彼らは僕をより優れたオールラウンドドライバーに育て、スポーツの技術的側面をより多く学び、より優れたドライバーになるためにスキルをグローバルに開発するのに役立ったと思う」

「何よりも、人々との絆と友情を築き上げていると思う。特に良い時期や困難な時期でもそうだ。多くのコアグループとより緊密になったし、それは永遠に続くだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ルイス・ハミルトン / メルセデス