ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1メキシコGP
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1メキシコGPのフリー走行2回目にトラブルが発生したギアボックスの交換を余儀なくされ、5グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

ジョージ・ラッセルは、午前中のフリー走行1回目を走行距離の長い“フライデーギアボックス”でスタートしたが、問題が発生したことで、午後のセッションに向けて本来ならば土曜日まで使用されないレースユニットを装着した。

しかし、フリー走行2回目の早い段階でレース用のギアボックスに問題が発生。ジョージ・ラッセルはアウトラップでピットに戻った後、タイムを記録することなくセッションを逃すことになった。

ウィリアムズF1は、すぐにレース用のそのギアボックスが残りの週末で使用できないと判断。土曜日に新しいギアボックスを取り付ける以外に選択肢はなく、6戦連続使用を満たしていないため、5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ジョージ・ラッセルは、前戦F1アメリカGPでPU交換によって最後列からスタートしており、2戦連続でペナルティを受けることになった。

「異常なことに、今日、数基のギアボックスで問題が発生したため、グリッドペナルティを伴う新しいギアボックスを使用しなければならなくなった」とジョージ・ラッセルは語った。

「理想的ではないけど、ポイントが付与されるのは日曜日だ。一方、FP1は僕たちにとって強力なセッションだった」

「クルマのフィーリングは良かったし、まずまずのリズムを見つけて、レースペースは強かった。標高が高いため、冷却、ブレーキ、パワーユニットが非常に困難になるので、レースペースは非常に重要になる。そこを攻略できれば、レースで前進できると思う」

ウィリアムズの車両パフォーマンス責任者であるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルの2つのギアボックス問題は異なるものであり、チームメイトのニコラス・ラティフィにも問題がある可能性が懸念されていたため、FP2でラティフィのプログラムを縮小したと述べた。

「今日、特にFP2で、プログラムを妨げるいくつかの問題が発生した」とデイブ・ロブソンは説明した。

「FP1の終わりにジョージのギアボックスに問題が見つかったので、彼のレースボックスをFP2に搭載することにした。残念ながら、それはFP2の最初の走行中に異なる故障に見舞われた」

「問題を理解し、同じ問題を抱えていないことを確認しながら、ニコラスのマシンでの走行を減らした。ジョージは新しいギアボックスを使用するようになり、日曜日にグリッドペナルティが科せられる」

「苛立たしいことですが、少なくともレース中ではなく、今日起こったのは幸いだ」

デイブ・ロブソンは、今週末にウィリアムズが良い結果を出す可能性について楽観的だ。

「だが、走行距離が短くなったにもかかわらず、今日はいくつかの有用なテストを完了した。今後数日でマシンを最大限に活用できると確信している」とデイブ・ロブソンはコメント

「明らかに、ジョージはFP2を失ったことでキャッチアップしなければならないことはあるが、マシンはかなりうまく機能しており、このトラックに関する彼の以前の知識があれば、明日はすぐにキャッチアップできるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1メキシコGP