ジョージ・ラッセル、F1イギリスGPでのメルセデスF1との契約発表を否定
ジョージ・ラッセルは、今週末のF1イギリスGPで2022年のメルセデスF1のドライバーとして発表される可能性を否定した。

現在のウィリアムズF1のドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとしてメルセデスF1のワークスチームに昇格することが確実視されている。ルイス・ハミルトンは最近、2023年の終わりまでメルセデスF1に残留する2年間の延長に合意した。

メルセデスは、バルテリ・ボッタスを2022年も続投させるか、2019年にF1デビューを果たして以来ウィリアムズで多くの印象的なパフォーマンスを示しているジョージ・ラッセルと交代するかどうかを検討している。

ルイス・ハミルトンの将来が決まったことで、メルセデスは今週末のシルバーストンでのホームイベントに先立ち、2022年に向けてオールブリティッシュのラインナップを形成する新しいドライバーとしてジョージ・ラッセルを発表する準備ができているという提案があった。

しかし、ジョージ・ラッセルは火曜日にリリースされた F1 Nation ポッドキャストでのインタビューの中で噂を断固として否定した。

「5、6年前にメルセデスと契約した。彼らが僕の世話をしていることは誰もが知っていることだし、それは100%真実だ」とジョージ・ラッセルは語った。

「来年の僕のドライブに関しては、何もサインも押印もされてていないし、シルバーストーンでは何も発表されない。それを知らせすることができる」」

3度目のF1イギリスGPに出場する準備をしているジョージ・ラッセルは、カレンダーの他のイベントと同じようにホームレースにアプローチしようとしていると強調した。

「僕としては、週末に異なる方法でアプローチするのは好きではない」とジョージ・ラッセルは説明した。

「過去にチャンピオンシップのために戦っていたとして、ホームレースであっても、新しいイベントであろうと、ルーチンを設定する必要がある。そのルーチンを維持することが本当に重要だと思う。自分のホームレースであるという理由だけで・・・少しはエクストラをに与えてくれはするけどね」

「人々に『もう少し頑張ってみよう』と言われると、先週や他の22レースをそこまで頑張らないのはなぜだと思う。ホームレースだからといってドライバーが純粋に与えることができるものはそれ以上ないと思う。本当に全力を尽しているからね」

「でも、当然だけど、ホームレースのさらなる興奮は少し熱意を与えると思う。だから、そこは余分なパフォーマンスになるかもしれない」

「難しいのは、その週に多くのメディアイベントや多くの活動が行われていることだと思う。とにかくバランスを取らなければならない。マーケティングの観点からは最大だし、僕たちにとって今年最大のイベントだからね」

「でも、最終的には、それがレースに影響を与えることはない。だから、とにかく適切なバランスを見つけるが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス / F1イギリスGP