ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1がノーポイントが2021年F1シーズンを終えたとしても決して失敗ではないと語る。

ウィリアムズF1は、2019年のF1ドイツGP以来、ポイントを獲得できていない。だが、そのレースもアルファロメオF1のマシンがレーススタート時にクラッチ設定違反が検出され、レース後にタイム加算ペナルティが科せられたことで、ロバート・クビサが10位に昇格したにすぎない。

その年、ウィリアムズF1は勢力図の最下位へ転落したが、翌2020年、そして、特に2021年は他のフィールドと比較してパフォーマンスを改善させている。

ウィリアムズF1は、F1アゼルバイジャンGPの困難な結末の末、ハースF1の2台に破れ、コンストラクターズ選手権で10位に転落した。

昨年、ジョージ・ラッセルはムジェロでポイント争いをしていたが、最後のスタンディングスタートで後退。10位を走行していたイモラではセーフティカー期間中に単独クラッシュ。2021年のF1エミリア・ロマーニャGPでは、バルテリ・ボッタスと9位を争っている際にクラッシュしている。

一方、ジョージ・ラッセル自身は、昨年、ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから参戦したF1サヒールGPで9位入賞してF1初ポイントを獲得している。

ウィリアムズF1が、これまでポイントを獲得できていないことを気になっていないかと質問されたジョージ・ラッセルは、たとえ2年連続でゼロポイントでシーズンを終えたとしても、なぜそのようなシナリオが彼の現在のチームにとってそれほど悪くないのかという彼の信念を概説した。

「それが僕を悩ませることはない。ノーだ。でも、それがゴールであることは確かだ。それがターゲットだ」とジョージ・ラッセルは語った。

「今シーズンをポイントレスで終えたとしても、今シーズンを失敗とは見なすことはないだろう」

「シーズンをいくつかのポイントを獲得して終えれば、大成功だったと思うだろう」

「僕たちにとってのポイントは、ある意味、そのデルタを考えれば、事実上、マクラーレンに勝つことだ」

「マクラーレンがレースに勝つことなくこのシーズン全体を走ったとしても、僕たちはそれを失敗と見なすことはないだろう」

「もし、彼らが勝利を収めていたら、それは大成功ということになるだろう。それが本当に良い見方だと思う」

「僕たちとしては、心理的には、すべてを完璧に行ったならば、そう認識しなければならない。素晴らしい週末を過ごして13位に帰ったなら、そう認識して、ポイントを獲得できなかったことを軽視しないようにする必要がある」

「なぜなら、13位が僕たちにできる最大だったかもしれないからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ