ジョージ・ラッセル 「予選ラップではボッタスの方が0.1秒速い」 / メルセデス F1サヒールGP 金曜フリー走行
ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からF1サヒールGPに出場し、金曜日の両方のフリー走行でトップタイムを記録するというこれ以上のないスタートを切ったジョージ・ラッセルだが、一発の速さでは自分は最速ではないと初日のタイムシートは重要視していない。

実際、FP2ではバルテリ・ボッタスがターン8でトラックリミットを超過したことで最速タイムを抹消されている。そのタイムはジョージ・ラッセルの最速タイムよりも0.2秒速かった。

「トリッキーだし、控えめに言っても簡単なトラックではない」とジョージ・ラッセルは語る。

「予選は非常にタイトになり、レースは修羅場になるだろう。今後2日間が重要だ」

「正直、良かったとは思う。最高の仕事をしている。マシンでのすべてのラップで学んでいる。ラップタイムは現時点では少し欺かれていると思うし、ペースを正確に表したものではないと思う。FP2は僕にとって素晴らしいセッションではなかった。特に主に燃料で苦労した、そして、最終的には日曜日にそれが鍵となるだろう」

「明日はまた別のストーリーになると思うし、マシンを使いこなして、快適なセットアップに仕上げて改善を行うためにまだやるべきことがたくさんある」

FP2でのバルテリ・ボッタスの最速タイムに関して、ジョージ・ラッセルはトラックリミットで得たラップタイムは0.1秒しかなかったと考えている。

「今日が最速だったからといって、明日もそうなるとは鍵らない。フェルスタッペンはロングランで信じられないほど速かった、バルテリはP2で最速だったが、そのラップを抹消された。正直、0.1秒くらいしか得られていなかったと思う」

「軽い燃料ではバルテリに対して0.1秒遅れている。でも、どうなるか見てみよう。僕たちは良くなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1バーレーンGP