ジョージ・ラッセルの2021年07月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル、2022年のレッドブルF1移籍の可能性を除外

2021年7月28日
ジョージ・ラッセル、2022年のレッドブルF1移籍の可能性を除外
ジョージ・ラッセルは、2022年にレッドブルF1に移籍することを除外した。

バルテリ・ボッタスに変わってメルセデスF1への昇格が確実視されているジョージ・ラッセルだが、現状を変えることを嫌うルイス・ハミルトンが、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフにボッタス継続を説得したとの噂もある。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に移籍しても勝利は確定ではない」

2021年7月25日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に移籍しても勝利は確定ではない」
ジョージ・ラッセルは、2022年にメルセデスF1移籍が実現したとしても、必ずしも上位で競争することが保証されているわけではないと語る。

現在、ウィリアムズF1で優れたパフォーマンスを示しているジョージ・ラッセルは、2022年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1のシートを獲得するのはほぼ確実だと考えられている。

ジョージ・ラッセル 「ペナルティは厳しい裁定だと感じている」

2021年7月18日
ジョージ・ラッセル 「ペナルティは厳しい裁定だと感じている」 / ウィリアムズ F1イギリスGP スプリント予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を9位で終えたが、3グリッド降格ペナルティを科せられて決勝は12番グリッドからスタートする。

8番グリッドからスタートしたジョージ・ラッセルは、オープニングラップでのカルロス・サインツ(フェラーリ)とのバトルで接触してコース外に押し出す形となり、セッション後に3グリッド降格ペナルティを科された。

ジョージ・ラッセル、サインツとの接触に3グリッド降格ペナルティ

2021年7月18日
ジョージ・ラッセル、サインツとの接触に3グリッド降格ペナルティ / F1イギリスGP スプリント予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1イギリスGPのスプリント予選でのカルロス・サインツ(フェラーリ)との接触に対して、日曜日の決勝での3グリッド降格ペナルティを科された。

ジョージ・ラッセルは、オープニングラップのブルックランズでロックしてカルロス・サインツの左リアタイヤに接触。サインツは、コース外に押し出され、18番手まで順位を落とした。

ジョージ・ラッセル 「決勝と同じ気持ちでスプリント予選を戦う」

2021年7月17日
ジョージ・ラッセル「決勝と同じ気持ちでスプリント予選を戦う」 / F1イギリスGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年F1イギリスGPの予選で今季2度目のQ3進出を果たしてチームとの自己ベストとなる8番手タイムを記録。スプリント予選でも激しくアタックすると誓った。

金曜日の夜、シルバーストンには満員の86000人のファンが詰めかけるなか、ホームレースのジョージ・ラッセルは2戦連続でQ3進出を果たす素晴らしいパフォーマンスを披露した。

ジョージ・ラッセル 「スプリント予選はウィリアムズF1にとってチャンス」

2021年7月15日
ジョージ・ラッセル 「スプリント予選はウィリアムズF1にとってチャンス」
多くのF1ドライバーは、F1の新しいスプリント予選が行列レースになると予測しているが、ジョージ・ラッセルはウィリアムズF1が日曜日の決勝のスターティングポジションを改善する機会だと見ている。

今週末のF1イギリスGPは、土曜日に100km(シルバーストンでは17周)の短いレースが行い、日曜日のメインイベントのグリッドを決定するという従来のフォーマットとは異なるレースウィークエンドとなる。

ジョージ・ラッセル 「レッドブルF1からオファーがあればノーとは言わない」

2021年7月14日
ジョージ・ラッセル 「レッドブルF1からオファーがあればノーとは言わない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1に対する現在の忠誠を再確認しつつも、レッドブルF1、あるいは他チームからオファーが届いたならば検討するだろうと語る。

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、今年がウィリアムズF1との3年契約の最終年であり、これまでのところ、F1キャリアで最も強力なシーズンを過ごしている。

ジョージ・ラッセル、F1イギリスGPでのメルセデスF1との契約発表を否定

2021年7月14日
ジョージ・ラッセル、F1イギリスGPでのメルセデスF1との契約発表を否定
ジョージ・ラッセルは、今週末のF1イギリスGPで2022年のメルセデスF1のドライバーとして発表される可能性を否定した。

現在のウィリアムズF1のドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとしてメルセデスF1のワークスチームに昇格することが確実視されている。ルイス・ハミルトンは最近、2023年の終わりまでメルセデスF1に残留する2年間の延長に合意した。

レッドブルF1首脳 「メルセデスがラッセルを手放すなら検討する価値はある」

2021年7月13日
レッドブルF1首脳 「メルセデスがラッセルを手放すなら検討する価値はある」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1が2022年に昇格させなかった場合、ジョージ・ラッセルの獲得は“検討する価値がある”が、そのように事が運ぶことは“想像できない”と語る。

現在、メルセデスF1は2023年まで契約を延長した7回のF1ワールドチャンポンであるルイス・ハミルトンのパートナーを誰にするかを検討している。現在のチームメイトであるバルテリ・ボッタスの契約は今シーズン末で期限を迎える。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム