ジョージ・ラッセル、サインツとの接触に3グリッド降格ペナルティ / F1イギリスGP スプリント予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1イギリスGPのスプリント予選でのカルロス・サインツ(フェラーリ)との接触に対して、日曜日の決勝での3グリッド降格ペナルティを科された。

ジョージ・ラッセルは、オープニングラップのブルックランズでロックしてカルロス・サインツの左リアタイヤに接触。サインツは、コース外に押し出され、18番手まで順位を落とした。

カルロス・サインツは最終的に11番手まで順位を取り戻したが、9番手のジョージ・ラッセルには3グリッド降格ペナルティにより10番手に昇格。ラッセルは12番グリッドから決勝をスタートする。

レーススチュワードは、ジョージ・ラッセルにカルロス・サインツとの衝突を引き起こした責任があると判断したが、それが同様のインシデントに対して彼らが通常管理するものとは異なるペナルティであると語った。

「スチュワードは、レースでこの種のレギュレーションに違反すると、通常、タイムペナルティが発生し、通常のグランプリレースの長さに基づいてスケーリングしている」とFIAの声明で述べた。

「スプリント予選の長さが短いことと、レースのグリッドを確立するために使用されることの両方により、スチュワードは、ここで科されるのはグリッドポジションのペナルティの方が適切であると感じている」

カルロス・サインツもインシデント後に安全にコースに合流しなかった疑いでスチュワードの審議対象となったが、「状況を回避するために十分な行動をとらなかったという決定的な証拠はなかった」と見なされたため、お咎めなしとなった。

カルロス・サインツは、インシデントに満足はしていないものの、レースの早いラップで競争するときにミスは発生する可能性があるため、ジョージ・ラッセルに恨みはないと述べた。

「ジョージのミスであることはかなり明白だったと思う」とカルロス・サインツはスプリント予選後に Sky F1 に語った。

「ダーティエアの中でお互いを追従するのは難しいと思う。彼のようなミスは犯しやすいものだけど、今日は明らかにかなりの費用が伴った」

「10番手からスタートして、最後尾まで11番手まで挽回して彼の後ろでフィニッシュしなければならなかったのは痛い。今回は僕のミスではないからね。残念だけど、どうなるか見てみよう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1イギリスGP