ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1に移籍しても勝利は確定ではない」
ジョージ・ラッセルは、2022年にメルセデスF1移籍が実現したとしても、必ずしも上位で競争することが保証されているわけではないと語る。

現在、ウィリアムズF1で優れたパフォーマンスを示しているジョージ・ラッセルは、2022年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1のシートを獲得するのはほぼ確実だと考えられている。

しかし、2022年は大幅なレギュレーション変更が導入される。過去には大規模レギュレーション変更によって勢力図が大幅に変化したことがあった。

ジョージ・ラッセルは、ドライバーとして仕事が変わるわけではないが、メルセデスF1のシートがレース勝利のための最高のポジションであるとは100%確信していないと語る。

「僕たちはレギュレーションが大幅に変更されるシーズンに向かっているし、当然ながら、すべてのチームの将来がどうなるかは分からない」とジョージ・ラッセルは語った。

「2014年と2009年がそうだったけど、このような結果になることを予測した人は誰もいなかっただろう。今回は明らかに大きな変化だ。来年どこに行くことになったとしても、ドライバーとして僕に求められることは変わりません。」

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1とFIAは、より緊密なレースを生み出すことを目的として設計された新車の仕様にこれまで関与したことのないレベルで取り組んだと語った。

来年、F1が目的としているレースが実現すれば、それはスポーツとドライバーにとって素晴らしいことでしかないとジョージ・ラッセルは語る。

「彼らがやろうとしていることをなんとか達成できれば、それはドライバーにとって素晴らしいことだ」とラッセルは語った

「もっと敏感ではないマシンになるだろうし、それは僕たちがより接近して、より激しくレースすることを可能にするし、ハードで公正なレースを望んでいる」

「現在のマシンとレギュレーションでそれをするのは少し難しいけど、僕たちが進む方向は素晴らしい。僕たちが速いマシンを持っている限り、それが私たちが気にしていることだ」

「目標は、可能な限り最高の結果をもたらすマシンとチームを開発し、ドライバーとして最大限の成果を上げ、レースに勝つことだ」

「ウィリアムズの観点で言えば、僕たちが今いる位置でそんなことは行ったら少し馬鹿げているように聞こえるかもしれないけど、ウィリアムズで彼らはチームを最前線に戻したいという明確な中長期計画を持っている」

「だから、来年は自分がどこにいても110%を与えるつもりだ。とにかく勝ちたいし、完全に自分を捧げるつもりだし、モチベーションは本当に高い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス