ジョージ・ラッセルの2021年06月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル、“ないに等しい0.008秒差”でQ3進出を逃す

2021年6月27日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル、“ないに等しい0.008秒差”でQ3進出を逃す / F1シュタイアーマルクGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1シュタイアーマルクGPの予選でわずか0.008秒差でQ3進出を逃して11番手だった。

決して競争力があるとは言えないウィリアムズF1のマシンでパフォーマンスを発揮しているジョージ・ラッセルは、フェルナンド・アロンソやジェンソン・バトンといった元F1王者が“将来のF1ワールドチャンピオン”と手放しで称賛する逸材。来季はメルセデスF1加入が噂されている。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスともウィリアムズとも来季の話はしてない」

2021年6月25日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスともウィリアムズとも来季の話はしてない」 / F1シュタイアーマルクGP 記者会見
ジョージ・ラッセルは、2022年以降の自信の将来についてウィリアムズともメルセデスとまだ話し合っていないと述べた。

ジョージ・ラッセルは、今年ウィリアムズF1との3年契約の最終年であり、2022年はメルセデスF1でバルテリ・ボッタスのシートに着くという期待が高まっている。

ジョージ・ラッセル 「ミディアムにはまだコンマ数秒残っていた」

2021年6月20日
ジョージ・ラッセル 「ミディアムにはまだコンマ数秒残っていた」 / ウィリアムズ F1フランスGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年 F1フランスGPの予選を14番手で終えた。

「良いセッションだったけど、赤旗とトラフィックに対処しなければならず、ちょっとまとまりがなかった。Q2のラップは思ったほど良くなかった。ミディアムタイヤで最初のリアルなラップだったし、慣れるのに少し時間がかかってしまったので、正直、まだコンマ数秒は残っていたと思う」とジョージ・ラッセルはコメント。

F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」

2021年6月17日
F1:ニコ・ロズベルグ 「ボッタスとラッセルを交代するべきではない」
ニコ・ロズベルグは、バルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルが交代することになれば面白いだろうと認めるが、トト・ヴォルフはそうするべきではないと考えている。

ジョージ・ラッセルが今シーズンの終わり、さらにはもっと早くにバルテリ・ボッタスのメルセデスF1のシートに座るという噂は長い間なされてきた。そして、今年のボッタスの不調はその噂をさらに加速させている。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず

2021年6月16日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍した場合、バルテリ・ボッタスがチームに復帰する可能性を除外していない。

バルテリ・ボッタスの将来は、今週末のF1ブランスGPで話題の中心になりそうだ。ますます権威ある情報筋が、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用するという決定はほぼ内定していると報じている。

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道

2021年6月15日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルに2022年の起用を通達との報道
メルセデスF1は、ジョージ・ラッセルのマネジメントチームに2022年に起用することをすでに通知していると報じられている。

F1-Insider.comSky Italia は、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用することは確定だと報道。両方のドライバーのマネジメントを担当するトト・ヴォルフは、すでにジョージ・ラッセルにその事実を伝えているとした。

レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」

2021年6月15日
レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍するのは当然の結論であり、その後、バルテリ・ボッタスはウィリアムズF1に復帰する可能性があると考えている。

メルセデスF1は、まもなくルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人と契約交渉に入る予定であり、これまでのハミルトンの発言に基づけば、7回のF1ワールドチャンピオンは2022年もメルセデスF1と2022年のグリッドに残るというあらゆる兆候が示されている。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」

2021年6月14日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍することで今シーズンの終わりにチームを去った場合に“大規模な損失”になると感じている。

今シーズン終了時にメルセデスF1との契約が満了するバルテリ・ボッタスがチームを放出された場合、育成ドライバーのジョージ・ラッセルは2022年のメルセデスF1のシートに深く結びついている。

ジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」

2021年6月13日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1がノーポイントが2021年F1シーズンを終えたとしても決して失敗ではないと語る。

ウィリアムズF1は、2019年のF1ドイツGP以来、ポイントを獲得できていない。だが、そのレースもアルファロメオF1のマシンがレーススタート時にクラッチ設定違反が検出され、レース後にタイム加算ペナルティが科せられたことで、ロバート・クビサが10位に昇格したにすぎない。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム