ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍した場合、バルテリ・ボッタスがチームに復帰する可能性を除外していない。

バルテリ・ボッタスの将来は、今週末のF1ブランスGPで話題の中心になりそうだ。ますます権威ある情報筋が、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用するという決定はほぼ内定していると報じている。

RTLは、チーム代表でありマネジメントも担当するトト・ヴォルフが、今週末のF1フランスGPに先駆けてバルテリ・ボッタスとの交渉を正式に開始すると報じている。

「オーストリアでの第2レースの後、新しいコックピットを探すのに十分な時間を与えるために最終決定を下す必要がある」と RTL は報じた。

しかし、メルセデスF1は、2021年のコンストラクターズ選手権の現在のパフォーマンスレベルを懸念しており、シーズン終了前にもジョージ・ラッセルがバルテリ・ボッタスのマシンに収まる可能性があるとの噂さえある。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは「トトに聞いてみなければならない」と語った。

「ジョージはシーズンの終わりまで我々と一緒にいると思うし、彼もそれを望んでいる。他のすべては憶測だ」

「我々は彼と契約を結んでおり、それは有効だ。しかし、必要に応じてどんなアレンジもできることはご存知だろう。私はトトと良い関係にある」

「彼はいつでも私に電話をかけることができる。」

ただし、ヨースト・カピトは、トト・ヴォルフは、ドライバーを変更するのは2022年まで待機すると考えている。

「私はそれは時期尚早だと思っている。彼はすでに2人のドライバーを抱えている」とヨースト・カピトは語った。

「今年、状況がどのように発展するかを待つ必要がある」

ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍した場合、元ウィリアムズF1のドライバーであるバルテリ・ボッタスがチームに復帰するのは最も論理的な動きだと考えられている。

「現時点では、私は何も除外しない」とヨースト・カピトは語った。「すべてのことに対してオープンだ」

しかし、レッドブルのヘルムート・マルコは、シーズン途中のジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代は間違いなく可能だと考えている。

「そうなっても私を驚かせることはないだろう」とヘルムート・マルコは語った。

「ラッセルはウィリアムズに十分長い間駐車しており、昨年、ハミルトンのマシンで競争力を証明した。彼はもはや自分のキャリアを保留にすることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル