レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍するのは当然の結論であり、その後、バルテリ・ボッタスはウィリアムズF1に復帰する可能性があると考えている。

メルセデスF1は、まもなくルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人と契約交渉に入る予定であり、これまでのハミルトンの発言に基づけば、7回のF1ワールドチャンピオンは2022年もメルセデスF1と2022年のグリッドに残るというあらゆる兆候が示されている。

しかし、バルテリ・ボッタスの運命を巡っては不確実性の雲が絶え間なく成長しており、ヘルムート・マルコを含めたF1バドックのほとんどの人間がメルセデスF1でのボッタスの日は数えられていると考えている。

ジョージ・ラッセルのメルセデスF1についてヘルムート・マルコは「それは論理的なステップだろう」と F1-Insider.com に語った。

「もうそれを延期することはできない。さもなければ、資金提供はもはや意味がありません。ハミルトンが幸せでないとしてもね」

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1がジョージ・ラッセルのF1教育と形成に多額の投資を行ってきた点を指摘。ラッセルをフィールドの下層のウィリアムズF1にとどまらせ続けることは、重要な資産を無駄にするのと同じことだと考えている。

また、ヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルとの契約はルイス・ハミルトンの羽を波立たせるだろうと示唆している。ハミルトンは従順なセカンドドライバーとしてボッタスを支持しており、彼をメルセデスガレージの反対側に留めておくことで、最も重要な調和が保たれると主張する可能性がある。

F1でのバルテリ・ボッタの将来については、メルセデスF1との契約が更新されない場合、ウィリアムズF1復帰の一択だけだとヘルムート・マルコは見ている。

「ボッタスは我々に電話する必要はない」とヘルムート・マルコは警告した。

「スペースはない。実際、ラッセルとのスワップを想像することしかできない。ウィリアムズが彼の唯一の選択肢になると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ウィリアムズ / メルセデス / ジョージ・ラッセル