F1レースディレクター 「セーフティカー時のリスタートを見直す必要はない」
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1トスカーナGPでドライバーから批判の声が挙がったセーフティカーのリスタートルールについて見直す必要はないと語った。

ケビン・マグヌッセン、カルロス・サインツ、アントニオ・ジョビナッツィ、ニコラス・ラティフィがリタイアした多重クラッシュによってレースは赤旗中断。レース後、事故について調査の後、12名のドライバーに警告が与えられた。

スチュワードは「このインシデントの根本的な原因は、上記のドライバーによる最終コーナーからピットストレートにかけての一貫性のないスロットルとブレーキの適用でにあったと結論付けている」と声明で述べた。

先頭でペースを設定し、自分の選択したタイミングで加速することが許されているリーダーのバルテリ・ボッタス、2番手と3番手にいたルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレール、そして、ロマン・グロージャン・セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンは警告を免れた。

ルイス・ハミルトンを含めた数名のドライバーは、セーフティカーのライトが消えるのが遅れたことが、フィールドが密集する原因となり、インシデントを招いたと批判した。

裁定が発表される前、マイケル・マシは、ドライバーはルールを把握しておくべきだと述べている。

「まだ進行中のスチュワードの調査の一部なので、私は非難に加わるつもりはない」とマイケル・マシは語った。

「だが、結局のところ、それから得るべき重要なポイントがあるかもしれない。ドライバーは、金曜日の夜のドライバーズミーティングで非常に明確にアドバイスされていた。思い出さなければならない2つの重要なポイントがあった」

「1つ目は、ピットエントリーでセーフティカーラインの前にセーフティカーを追い越さないようにすることだった。2つ目は、このサーキットでは珍しいことだが、オーバーテイクができるコントロールラインがピットレーン出口の近くにあることだ」

「だから、それは驚きではない。バクーでも同様の問題があった。あのように走行距離が長いと、ペースを決定するすべての権利を持つリーダーが後ろのマシンからのスリップストリームを避けようとしてコントロールラインまでペースをかなり遅くキープする」

リスタート手順の見直しの可能性について質問されたマイケル・マシは「セーフティカーのリスタートルールを見直す必要はないと思う」と語った。

また、マイケル・マシはセーフティカーのライトが遅すぎたという提案も却下した。

「簡単に言えば、彼らは彼らが望むすべてを批判することができる。ライトが消された場所からコントロールラインまでの距離の視点を見ると、他の多くの場所とおそらく同じか、より長くないわけではない」

「セーフティカーのライトが消える場所は、セーフティカーがピットレーンに入る場所だった。我々には世界で最高の20人のドライバーがいる」

「今日、F3レースで見たように、ジュニアのカテゴリーのドライバーは、F1レースで起こっていたものと非常によく似たリスタートしたが、問題なくうまくナビゲートしていた」

関連:F1トスカーナGP:リスタート時の多重クラッシュで12名に警告処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1イタリアGP