F1 オーストラリアグランプリ 国際自動車連盟
FIA(国際自動車連盟)は、チャーリー・ホワイティングの急逝を受け、今週末のF1オーストラリアGPのF1レースディレクターとしてオーストラリアのスーパーカーの副レースディレクターを務めているミハエル・マシを任命した。

1997年以来、F1の常駐レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、メルボルンで肺塞栓症によって66歳の若さで急逝。F1界は悲しみに包まれた。

FIAは声明で「FIA国際競技規則11.9 3b項に従い、レースディレクター、セーフティデリゲート、そして、このイベントのパーマネントスターターとしてミハエル・マシを起用するよう改正するものとする」と発表。

ミハエル・マシは、昨年のF1中国GPでFIAスチュワードのパネルを務め、先週末のフォーミュラE 香港大会ではスチュワードの責任者を務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA | F1オーストラリアGP