フェラーリF1、ダミーの無線メッセージでペレスの2ストップを誘発
フェラーリは、F1アブダビGPでセルジオ・ペレスに2ストップ戦略を採用させるようレッドブルを騙すために“ダミー”の無線メッセージを使用したことを明らかにした。

セルジオ・ペレスは、ヤス・マリーナでのレースの中間段階でシャルル・ルクレールのすぐ前の 2番手で走っていた。2人はドライバーズランキング2位をめぐって激しい戦いを繰り広げていた。

しかし、レッドブルの方が少しペースがあるように見えたため、フェラーリは、シャルル・ルクレールがリードする唯一のチャンスは戦略によるものであると認識していた。

そのチャンスが訪れたのは 33 周目・フェラーリはシャルル・ルクレールがリードするためにセルジオ・ペレスにアンダーカットを仕掛けようとしているように見えた。

フェラーリは、シャルル・ルクレールに『レッドブルとは逆のボックス』と伝えた。

しかし、実際にはシャルル・ルクレールは1ストップ戦略にコミットしており、この無線メッセージは現実的ではなかった。

だが、レッドブルはこの無線に応答してセルジオ・ペレスをすぐにピットに呼び込んだ。見事にフェラーリのトリックが機能した瞬間だった。

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レース後、セルジオ・ペレスのタイヤの状態と「フェラーリがアンダーカットに向けて準備を進めていた」ことの組み合わせが、ペレスをピットインさせる決定の背後にあったことを認めた。

シャルル・ルクレールはピットインするつもりがなかったため、セルジオ・ペレスはタイヤ交換で失ったすべてのポジションを取り戻さなければならず、最終的にシャルル・ルクレールから1.3秒遅れでフィニッシュ。2ストップ戦略は失敗した。

戦略決定についてシャルル・ルクレールは「私たちがやったことはすべて、まさに僕たちがやりたかったことだったと言わなければならない」とSky Sports に語った。

「それは以前から計画されていた。今だから言えるけど、そのアップで僕たちは彼を騙して、僕たちは逆のピットインをするつもりだと彼に思わせた。彼はそれを受け入れ、2回目のストップに向かった。だから、僕たちはすべてを完璧に行った。僕たちの実行を非常に誇りに思っている」

フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールが 2 位でフィニッシュするために実行された戦略を称賛した。特に、今シーズン、フェラーリがミスを犯した領域の最たるものが戦略のオペレーションだった。

「間違いなく、レッドブルに対するダミーコールはピットからの素晴らしいコールだったと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「チームとして素晴らしかったと思うし、ストラテジストにとって素晴らしいことだ。今週末。堅実のレース週末を戦えたことは素晴らしいことだ」

「2位とランキング2(ドライバーズとコンストラクターズ)は、今日だけでなく、シーズン全体のバランスだと思う。しかし、今日適切な仕事をしたのは確かだ」

「レッドブルに対するダミーピットストップは正しい判断だった。全体として、我々はそれを正しくやったと思う。彼らのため、チームのために満足だ」

「フェラーリだけでなく、ミスを犯すと常に多くの批判があると思う。しかし、彼らが非常にうまくやれることも知っている」

シャルル・ルクレールは、アブダビで完璧なパフォーマンスを見せたチームは、チャンピオンシップでの順位争いやマッティア・ビノットの将来に関する噂によるさらなるプレッシャーを考えると、なおさら印象的だったと考えている。

「私たちは正しいことを実行し、最もプレッシャーのかかることを実行しました」とシャルル・ルクレールは説明した。

「もちろん、週末に向けて噂が広まっているという外部からのプレッシャー、ドライバーズとコンストラクターズのチャンピオンシップで2位を維持するというプレッシャーだ」

「このような状況でベストを尽くすことができたチームをとても誇りに思う」

「純粋なペースで僕たちがレッドブルより強かったとは思わない。レッドブルはまだ僕たちより強かったと思う。でも、僕たちはは彼らにミスをさせ、2ストップに追い込み、最終的にはそれが報われた。だから、とても満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1アブダビGP