フェラーリ、F1ベルギーGPでアップグレード版エンジンを投入
スクーデリア・フェラーリは、今月末のF1ベルギーGPにアップグレードされたエンジンパッケージを導入する。

今年の初めに、特定のコンポーネントに対してF1エンジン開発の凍結が実施されたが、他のパーツは9月1日までアップグレードが許可されている。

F1チームには、パワー ユニットの信頼性を向上させる権限が与えられているが、パフォーマンスの向上には制限がある。

F1エンジンの凍結は、ホンダが2021年の終わりにF1から撤退すると発表したときに、レッドブルがその導入を強く働きかけた後、2021年に正式に合意された。

F1チームは凍結を順守し、パワーユニットは2025年末までほぼ同じままで、その後、2026年に新しエンジンレギュレーションが適用される。

スクーデリア・フェラーリは、困難な2022年シーズンに耐え、スペインとアゼルバイジャンでシャルル・ルクレールが勝利を失った問題を含め、多くの信頼性の問題を抱えていた。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、F1パワーユニットが3週間以内に完全に凍結される前にアップグレードの恩恵を受けることができると期待していると語った。

「エンジンが凍結されている全体の期間で助けになるハイブリッドシステムの改善を期待している」とマッティア・ビノットは語った。

「我々は懸命に取り組んでいるが、ターニングポイントにはならないだろう」

マッティア・ビノットは、ルイス・ハミルトンが6基のエンジンを使用しながら2021年のタイトルをほぼ獲得したように、グリッドペナルティを犠牲にしてパワー増加の恩恵を受けるためにエンジンを備蓄することができるかどうか尋ねられた.

「それは戦略ではなく、結果だと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「彼らにとっても、それは結果であり、計画されたものではなかったと思う」

「パフォーマンスだけでなく信頼性の面でも、最高のエンジンを搭載することは常に良いことだ」

マッティア・ビノットは、スクーデリア・フェラーリが、シーズンの早い段階で、エンジンの信頼性よりもパフォーマンスを優先したことを認めているが、コース上で問題が多発したにも関わらず、その選択を擁護した。

「パフォーマンスをプッシュするだけでは十分ではないため、ハードにプッシュしすぎたとは思わないが、信頼性よりもパフォーマンスを優先したことは間違いない」とマッティア・ビノットは語った。

「どういう意味か? 我々は、ホモロゲーションの制限時間に達していた可能性がある。次にパワーユニット面でもテストベンチで使用できる時間数に制限があり、これらの制限が我々の仕事に影響を与えたことを覚えておく必要がある」

「制限がなかったときは、パフォーマンスと信頼性の両方の点でテストベンチでの作業を増やすだけで済んでいたが、今日では時間の制約があるため、選択を迫られている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1ベルギーGP