フェラーリF1代表 「ルクレールは新品PUで攻撃する準備ができている」
シャルル・ルクレールにとってF1カナダグランプリは厳しい週末となったが、スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、今後のレースに向けてルクレールはより強力な基盤を築いたと信じている。

F1アゼルバイジャングランプリでトップを走行している際にパワーユニット故障に見舞われたシャルル・ルクレールは、新品のコンポーネントを追加することによってグリッド降格ペナルティを科されることを知ってモントロオールに到着した。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは「我々はダメージリミテーションのケースになることを知って今週末に入った」とカナダで認めた。

「それはバクーの直後に我々が決めたことだった。それはシャルルが何日も前から知っていたことであり、彼は消化してレースの週末に備える時間があった」

「彼はレース週末に集中していたし、レースでグリッドの後ろからスタートすることを知っていた」

「土曜日のプログラム、金曜日のプログラムでさえ、彼はレース自体の準備ができていることを確認するために高燃料の走行に焦点を合わせていた」

オーバーテイクは難しいジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで、シャルル・ルクレールは最後列からのスタートにも関わらず、堅実なスタートとハードタイヤでの41周のオープニングスティントにより、早期にピットストップした他のドライバーたちを追い越して5位でフィニッシュした。

「ダメージを制限し、後ろからスタートして5位でフィニッシュすることは、依然として良いレース結果だ」とマッティア・ビノットは述べた。

「シャルルは本当にベストを尽くし、後列から14ポジションをアップさせた」

シャルル・ルクレールも「僕はそれに全力を尽くした」と語る。

「5位でフィニッシュするのは決してうれしいことではないけど、どこからスタートしたか、そして、レースがどのように展開したかを考えれば、それは僕たちがホームに持ち帰ることができる最高の結果だった」

「ポイントを最大化しなければならなかったレースの1だった。そして、それはまさに今日僕たちがしたことだ」

痛々しいほど遅いピットストップがなければ、シャルル・ルクレールは、レースウィナーであるマックス・フェルスタッペン、チームメイトであるカルロス・サインツと並んで、ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンの2台のメルセデスと表彰台を争うことができたかもしれない。

それでも、シャルル・ルクレールはドライバーズチャンピオンシップでまっくす・フェルスタッペンに49ポイント差をつけられている。これはルクレールがフェルスタッペンに対して同じようなマージンを享受したオーストラリアの後の初期の状況を完全に逆転させたものだ。

しかし、マッティア・ビノットは、最近の一連の挫折の後、シャルル・ルクレールがコーナーを曲がったことを示したと確信していると語る。

「今、我々は今後のレースのために新しいパワーユニットを手に入れた」とマッティア・ビノットは指摘した。

「彼にとって重要な夏休みまでの4つのレースがある。そこでは、彼は攻撃し、可能であればいくつかのポイントを取り戻そうとすることができる」

カルロス・サインツが2位でフィニッシュし、2台目のレッドブルであるセルジオ・ペレスがレースからリタイアしたため、F1カナダグランプリの結果は、コンストラクターズチャンピオンシップの戦いでフェラーリが4ポイントを獲得したことを意味した。

しかし、マッティア・ビノットは、2022年のF1タイトル争いは、シーズン全体で最高の信頼性を持っているチームの手に渡るだろうと認める。

「カナダは信頼性の問題が現在のF1フィールドのすべての人に影響を与える可能性があることを示したレースだった」とマッティア・ビノットは語った。フェラーリは、いくつかある問題をマラネッロのファクトリーで確実に修正するために全力で取り組んでいる。

「今度はシルバーストンに向かう。そこではライバルがいくつかのアップデートを導入することを期待していrが、そこで競争力を発揮するつもりなのは確かだ」

「今はシルバーストンを楽しみにしている」とシャルル・ルクレールは付け加えた。

「カレンダーでお気に入りのサーキットの1つだ。そこでいくつかの大きなポイントを獲得できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール