フェラーリF1代表 「F1-75はバルセロナのトラックで最速の車だった」
スクーデリア・フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1第6戦スペイングランプリの決勝を振り返った。

シャルル・ルクレールは、快適にレースをリードしていたが、26周目にパワーユニットンの問題でリタイアを余儀なくされた。チームメイトのカルロス・サインツは序盤にオースオフして大きく順位を落としたが、ホームレースで4位まで挽回している。

しかし、今回の結果により、スクーデリア・フェラーリは、両方のチャンピオンシップでレッドブル・レーシングに首位の座を奪われた。

「明らかに、今日の結果には満足していない。パワーユニットに問題があり、シャルルから当然の勝利を奪ったことは残念だ。マラネッロのチームは今シーズン、パワーユニットの開発で素晴らしい仕事をしてきただけになおさらだ」

「カルロスは困難な状況からカムバックして4位でフィニッシュした。おそらく彼はまだF1-75から望んでいるフィーリングを十分に得ていないので、彼が完全に快適になるのを手伝うのは我々の責任だ。彼は粘り強く、状況を研究し、決してあきらめないので、彼はすぐに車の中で本当に安心できるようになると確信している」

「このような結果の後は、ポジティブな面を見る必要があると思う。最初の6レースが終わったら、チーム間のパフォーマンスレベルとヒエレルキーを評価できるようになると言っていた。今日、良い車を作り、それを開発するという素晴らしい仕事をしたと言える」

「バルセロナのトラックは多くの点で要求が厳しく、通常は厄介なサーキットのようなものだったが、F1-75は昨日と今日のトラックで最速の車だった。シャルルは快適にリードし、非常に良いレースペースで走っていた」

「今、彼をストップさせた問題が何であったかを解明してく。残念ながら、このようなことは我々とライバルに起こる可能性があるが、今シーズンの残りのレースの数を考えると、シャルルのホームレースであるモナコを皮切りに、今後のグランプリで勝利を目指して戦うことができると思う。幸運なことに、来週の日曜日まで待つだけでいい」

スクーデリア・フェラーリ F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ