フェラーリF1代表 「レッドブルが早期に開発予算を使い果たすことを願う」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームが調子を上げる必要があることを認めているが、ライバルであるレッドブル・レーシングが2022年の開発予算を早すぎる時期に使い果たしてしまうことを望んでいる。

マイアミGPのポールシッター、シャルル・ルクレールは、日曜日にF1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンに敗北を喫した後、「マックスはイモラにいたように速かった」と語った。

「これまで2レースで、レッドブルはミディアムタイヤで僕たちよりも一貫性があった。カルロス(サインツ)とそれについて話したけど、両方の車でそういう状況になっている」

「予選でタイヤが新品のときは良いけど、タイヤが摩耗しているときは、レッドブルほど良くない」

「今後のレースにむけてそこを見ていかなければならない」

スクーデリア・フェラーリのスポーティングディレクターであるローラン・メキーズは、ストレートスピードがもうひとつの問題だと語る。。

「今年、ストレートでのスピードが彼らより劣っていることを何度か目にしてきた」とローラン・メキーズはマイアミで語った。

レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコによると、タイムリーな最近のいくつかのマシン開発で明確な前進を遂げた。

「オーストラリアの後、我々は40ポイント以上離されていたたが、現在は19ポイントだ。しかし、マックスとレクレールの間の戦いは続くだろう」とヘルムート・マルコは語った。

しかし、ヘルムート・マルコ、レッドブル・レーシングとスクーデリア・フェラーリは「対等な立場にある」と主張する。

「ルクレールとマックスは彼ら自身のリーグにいる」とヘルムート・マルコは語った。

「マックスは完璧にドライブしているが、ルクレールは小さなミスを犯しる。それが決定的な要因だ」

「しかし、すべてのレースに勝つわけではない。接戦になるだろう」

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマッティアビノットは、レッドブル・レーシングの最新の進歩が、2022年初頭にチームが自動車開発に熱心に取り組んだ結果であることを望んでいる。

「過去2レースで、レッドブルは0.2秒速くなっている」とマッティア・ビノットははSky Italiaに語った。

「我々は今、開発と作業をしなければならないが、レッドブルがすでに多くを費やしていることを願っている。彼らが我々よりもお金が足りなくなることを願おう」

「最初のアップデートはバルセロナで初めて投入される。したがって、ある時点で、予算制限によって、我々には資金が残っているが、彼らは改善をやめなければならなくなるだろう」

マイアミGPのウィナーであるマックス・フェルスタッペンが懸念を抱いているとすれば、彼が実際に見舞われた信頼性の問題がポイントを奪い続ける可能性があるということだ。

「ご覧のとおり、車は速い」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕たちは、より信頼性が高く、より物事をうまく処理することを確実にする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル