フェラーリF1代表 「サインツは勝てるマシンに乗る重圧に慣れる必要がある」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.が初めてフロントランニングカーを所有するというプレッシャーに対処することを学ばなければならないことを認める。

カルロス・サインツJr.は、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q2で、マックス・フェルスタッペンに次いで2番手で通過する十分なタイムをすでに設定していたが、クラッシュを喫した。

Q3に進出したものの、カルロス・サインツJr.は走行できなかったため、土曜日のスプリントでは10番グリッドからスタートする。

カルロス・サインツJr.は、2022年の予選とレースの両方でチームメイトのシャルル・ルクレールに影を落としており、オーストラリアGPの序盤にリタイアしたことで、スプリントレースに先立ってルクレールに38ポイント差をつけられている。

マッティア・ビノットは、カルロス・サインツJr.には特に問題はないと述べているが、元トロロッソ、ルノー、マクラーレンのドライバーは、勝利に挑戦できる車を運転することにまだ慣れていなければならないと認める。

「問題はないと思う」とマッティア・ビノットは土曜日にイモラで述べた。

「適応する必要があるのは確かだ。彼はいくつかのミスを犯したと思うし、それは重要だ。しかし、それにもかかわらず、彼は自分自身を改善していると思う、彼はどんどん速くなっている」

「昨日を見れば、彼が運転していたとき、彼は本当に速く運転していた。残念なことに、彼がコースオフしてときは、限界に挑戦するのに適切な時期ではなかったと思う。彼もそれをよく分かっている」

「プレッシャーを管理することの問題だと思う。おそらく彼のキャリアの中で初めて最高のポジションを争うのに十分速い車を手に入れた」

「彼は単にそれに慣れる必要がある。しかし、彼は非常に迅速にそれを行ってくだろう。彼がプレッシャーを管理するのにどれほど賢く、どれほど能力があるかを知っている」

先週、スクーデリア・フェラーリはカルロス・サインツJr.との延長契約を発表した。マッティア・ビノットは、2024年までの安定したラインナップが明らかなメリットをもたらすと信じている。

「なぜあと2年か? まず、我々は彼がチームと統合した方法、彼のパフォーマンスに非常に満足している」とマッティア・ビノットは語った。

「そして、彼がシンプルに期待に応えていると思う」

「その後、我々は彼と一緒にこの経験をスタートした。我々は非常に満足していると思う。楽しみにして、先を見据えるのにふさわしい瞬間だった」

「契約を更新することは、チームにも適切な安定性を与えるようなものだと思う」

「我々は、ドライバーが2024年の終わりまで確認されていることを知っている。そして、それを基に構築することができる」

「フェラーリとしての我々の主な目的は、将来の基盤を実際に作ろうとすることだと思う。そして、ラインナップとととのみ、それは我々にできる最善のことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr.