フェラーリF1、アップグレード版フロアの投入を見送りとの報道 / F1エミリア・ロマーニャGP
フェラーリは、F1-75にアップグレード版のフロアを準備していたが、今週末のF1エミリア・ロマーニャGPでの投入は見送ったと報じられている。

今週末のイモラは、雨が予報されており、Motorsportのイタリア語版は、スクーデリア・フェラーリが悪天候を見越してアップグレードされたフロアを投入することを見送ったと報じた。

それに加え、今週末のF1エミリア・ロマーニャGPは今シーズン初のスプリント予選のフォーマットで開催され、アップデートを評価するための時間は金曜日のフリープラクティス1回目しかない。

車は、金曜日の午後の予選ためにガレージを離れた瞬間からパルクフェルメ状態となり、新しいパーツをテストする時間は限られている。同サイトは、「シミュレーターから出てきた兆候は、跳ね馬の技術者に、2022年シーズンの最初の3レースで非常に印象的なF1-75のままでいるようにアドバイスした」と伝えた。

それでも、フェラーリはパーパシング(ポーポイズ現象)の影響を軽減させることを期待して車に小さな調整を加える予定であり、主要なアップグレードなしでもフィールドをリードする車が再びフロントで競争することができるだろうと予測している。

スクーデリア・フェラーリはは、第5戦F1マイアミGPでF1パワーユニットのアップグレードを導入する予定であり、新しいフロアが今週末に使用されていない場合は、5月のF1マイアミGPで同時に投入される可能性がある。

シャルル・ルクレールは今週末にむけてランキング2位のジョージ・ラッセルに対して34ポイントの健全なアドバンテージを持っているため、日曜日にフィニッシュするかどうかに関係なく、ドライバーズチャンピオンシップのリードを維持できる。

フェラーリの最も近いライバルであるレッドブルとメルセデスは、「重要な」アップグレードパッケージをイモラに持ち込まないと主張しているが、他チームは今シーズンの最初のアップグレードを導入することを示唆しており、特にアルピーヌF1はアップグレード版フロアを投入することを宣言している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1エミリア・ロマーニャGP