フェラーリF1、10馬力アップと噂の新型PUをルクレールに先行投入 / F1ロシアGP
フェラーリF1は、10馬力アップが噂されるアップグレード版のハイブリッドシステムを備えた新しいエンジンをF1ロシアGPでシャルル・ルクレールに投入することを確認。エンジン交換によってルクレールは決勝を最後尾からスタートする。

2022年型のF1パワーユニットが先行投入されるこのシステムについて、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、“まもなく”投入されると話していたが、今週末のF1ロシアGPのシャルル・ルクレールのマシンで早くも登場することになった。

シャルル・ルクレールはエンジンペナルティによって決勝を最後尾からスタートするという代償を払うが、今回の導入によってタイトルを返り咲きを狙う2022年にむけた重要なデータ収集も目的とされている。

チームメイトのカルロス・サインツに新しいパワーユニットが導入される時期について明言されていないが、フェラーリは“競争力とペナルティの影響”を鑑みて決定するとしている。

カルロス・サインツが新しいパワーユニットを走らせたことで彼自身のペナルティを受ける時期はまだ宣言されていませんが、スクーデリアは「競争力とペナルティの影響。」

「新しいパワーユニットの主な目的は、2022年マシンのプロジェクトの経験を積むことにある」とフェラーリはF1ロシアGPにむけたプレビューで語った。

「これには技術的にもロジスティック的にも多大な努力が払われており、できるだけ早く使用できるようにするために、ドライバー間で導入がずらされる」

「シャルルは、新しいハイブリッドシステムを最初に導入する予定だ。この決定は、ハンガリーGPの事故で損傷したバッテリーパックを使用する潜在的なリスクに関する予防措置でもある」

「ソチでは、ルクレールはまったく新しいパワーユニットを搭載するので、グリッドの後ろからスタートする。アップデートされたハイブリッドシステムがいつカルロスの車に取り付けられるかについては、競争力とペナルティの影響との間の適切な妥協点を評価した後に決定される」

前戦F1イタリアGPでライバルであるマクラーレンが1-2フィニッシュを果たして最大ポイントを獲得したことで、フェラーリはコンストラクターズ選手権で15ポイント差のランキング4位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1ロシアGP / シャルル・ルクレール