コスト削減を望まないならフェラーリはF1から去るべき?
フェラーリは、新型コロナウイルス危機にあってもコストを大幅に削減する意思がないのであれば、F1を去るべきだと元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語気を強める。

大部分のF1チームは予算上限を1億4500万ドルまで引き下げることに同意しているが、フェラーリは、そのようなコスト削減は従業員を解雇することを余儀なくさせ、F1の価値を低下させると主張。

マッティア・ビノットは、フェラーリとして「我々のレースのDNAを展開するために他のオプションを検討する必要があるような立場に置かれたくない」と語ったことで、F1撤退を警告していると解釈された。

フェラーリのこの意見にマクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、この姿勢に怒りを露わにし、「フェラーリがいなくてもF1は生き残ることができる」と語っていた。

ラルフ・シューマッハは、1億4500万ドルの予算上限でも高すぎるとし、フェラーリが主張するスタンスは“退屈で迷惑”だと批判した。

「我々全員の未来は先行きが不透明だ。ビッグチームでさえ、今ではすべてが疑わしい」

「現在のF1は高すぎる。フェラーリはコスト削減を望まないのなら去るべきだ」

ラルフ・シューマッハは、実際にF1の予算上限は“1億ドルをはるかに下回ることができるはず”だと語る。

ラルフ・シューマッハは1997年にジョーダンのためにデビューした際、チームは4000万ドルの予算しかなかったが、「機能していたし、楽しかった」と述べた。

F1世界選手権創設時から参戦し続けている唯一のチームであり、F1で最も成功しているフェラーリは、コンコルド協定の内容を含めてF1で絶対的な政治力を持っており、過去にも予算制限が議論された際にはF1撤退をちらつかせている。

FIAは、新型コロナウイルス危機は“前例のない”ものだとし、全会一致ではなく、過半数、すなわち10チーム中6チームの賛成を得られればルールを変更できる緊急立法措置を導入した。

しかし、La Gazzetta dello Sport は物議を醸しているフェラーリの“拒否権”は依然として残っている、フェラーリはどのような動きであっても拒否することができると報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ラルフ・シューマッハ