F1:フェラーリ元会長 「セナとシューマッハは共存できなかっただろう」
フェラーリの元会長ルカ・ディ・モンテゼーモロは、アイルトン・セナとミハエル・シューマッハと組ませていれば人気のある決断になっていただろうが、チャンピオンシップには役立たなかったと考えている。

アイルトン・セナは、F1キャリアをフェラーリで終えることを考えていたとされ、ルカ・ディ・モンテゼーモロは、1994年のサンマリノGPでセナが命を落とす前に実際に実現に近づいていたことを明らかにしている。

「彼はイモラでの悲劇の前の牛曜日にボローニャの私のところに来た」とルカ・ディ・モンテゼモーロは Sky Italia に明かした

「彼は本気でウィリアムズを抜けてフェラーリに加入してレースをしたいと思っていると私に言った」

「私たちはイモラの後で話し合うという考えだった。その後、あのようなことが起こってしまった。ミハエルが後になって加入したときと同じように、それはそのチームによってさらなる喜びとなっていただろう」

亡くなったとき、アイルトン・セナはマクラーレンからウィリアムズへ移籍して3戦に参加していた。ウィリアムズはシーズンの後半までマシンのさまざまな問題を解決することができなかった。対照的に、ミハエル・シューマッハは1994年に初のF1ワールドチャンピオンを獲得。1995年にもタイトルを防衛し、1996年にフェラーリに移籍した。

だが、もしアイルトン・セナが事故を乗り越えていたとしても、ルカ・ディ・モンテゼーモロはチーム内の調和という観点からフェラーリはアイルトン・セナとミハエル・シューマッハを共存させることはできなかっただろうと考えている。

「素晴らしい夢だが、私たちは自分の首を絞めていただろう」とルカ・ディ・モンテゼーモロは語る。

「大ヒットだっただろうが、フェラーリにとっては良くなかっただろう」

ルカ・ディ・モンテゼーモロの推定では、一方のドライバーが他方のドライバーのウイングマンとなったミハエル・シューマッハとルーベンス・バリチェロとの最終的なパートナーシップがチームがどのように機能するべきかを示す完璧な例だったと考えている。

「そのレベルの2人のスタートを一緒に起用しても勝てない」とルカ・ディ・モンテゼーモロは主張した。

ルカ・ディ・モンテゼーモロの発言は“仮説”を提起する。アイルルトン・セナが1995年にフェラーリに参加していれば、ミハエル・シューマッハの加入は実現していたのか? タイトル数は異なっていたのか? あるいは、アイルトン・セナはフェラーリがタイトル獲得に挑戦できるようになるまでに引退して、ミハエル・シューマッハが彼とまったく同じようにタイトルを獲得できたのだろうか? 熟考することはたくさんあるが、結局のところ、歴史を変えることはできない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ミハエル・シューマッハ / アイルトン・セナ