フォーミュラ2
2019年のF2選手権の第4戦モナコの予選が5月23日(木)にカタルニア・サーキットで行われ、ニック・デ・ブリース(ART Grand Prix)がポールポジションを獲得。松下信治(Carln)は10番手だった。

2019年FIA-F2選手権第4戦が、伝統あるモナコの市街地コースで幕を開けた。F1モナコGPのサポートレースとなるF2は、モナコ独特の変則スケジュールにより、木曜日にプラクティスと予選、金曜日にレース1、土曜日にレース2が行われる。

また、F2の予選もモナコ独特のもので、ゼッケンの奇数偶数でグループAとBに分かれ、それぞれ16分間行われる。松下信治(Carlin)は、エンジン、ギアボックス、モノコックなど、マシンを新車に替えて心機一転し、この戦いに挑む。

午前9時15分よりプラクティスが行われた。ウォームアップを行い、アタックスピードに入った松下信治でしたが、途中でスローダウン。ヘアピンの先でマシンはストップした。9周走行し、18番手という不本意な結果でセッションは終了している。

午後1時44分から、グループBの予選が始まった。最初のアタックは1分22秒853、その後タイヤを替えて1分21秒929、最後のアタックでは1分21秒807とタイムを更新する。しかし、プラクティスでの走行不足もありタイムは思うように伸びず、松下信治はグループで5番手に終わり、5列目9番手から、上位進出を目指す。

ポールポジションはニック・デ・ブリース、2番グリッドにはルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が並ぶ。

レース1は24日(金)午前11時30分(日本時間午後6時30分)にスタートする。

松下信治 (予選:グループB・5番手)
「プラクティスでは、電気系のトラブルでエンジンが止まってしまいました。今回は新車で臨み、その感触自体は悪くなかったのですが、下ろしたてということで一番懸念していた、トラブルが出てしまいましたね。予選では、プラクティスでの走行不足もあり、リズムに乗れないまま終わってしまいました。うまくリズムに乗れればもうコンマ5~6は削れていたと思います。モナコはスタートポジションがとても重要なコースですが、まだあきらめたわけではないので、レースでは戦略的なことも合わせて上位を狙い、レース2に期待が持てる結果を目指します」

2019年 F2 第4戦 モナコ予選

PosNo.ドライバーチームタイム
14ニック・デ・ブリースART Gand Prix1分20秒676
28ルカ・ギオットUNI-Virtuosi Racing1分20秒924
36ニコラス・ラティフィDAMS1分21秒130
411カラム・アイロットSauber Junior Team by Charouz1分21秒462
59ミック・シューマッハPREMA Racing1分21秒469
65セルジオ・セッテ・カマラDAMS1分21秒537
710ショーン・ゲラエルPREMA Racing1分21秒598
819アントアーヌ・ユベールBWT Arden1分21秒675
92松下信治Carlin1分21秒807
101ルイ・デレトラスCarlin1分21秒936
1116ジョーダン・キングMP Motorsport1分22秒086
123ニキータ・マゼピンART Gand Prix1分22秒089
1321ラルフ・ボスチャングTrident1分22秒233
1414ドリアン・ボッコラッチCampos Racing1分22秒290
1512ファン・マヌエル・コレアSauber Junior Team by Charouz1分22秒437
167 周冠宇UNI-Virtuosi Racing1分22秒772
1720ジュリアーノ・アレジTrident1分22秒785
1815ジャック・エイトケンCampos Racing1分22秒877
1918タチアナ・カルデロンBWT Arden1分24秒791
2017マハーヴィーラ・ラフナサンMP Motorsport1分26秒522


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2