ザク・ブラウン 「次世代F1マシンでもひとまずDRSは継続するべき」
マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、来年F1の新時代が始まるときにDRSがF1マシンの一部であり続けることへの支持を表明した。

F1レギュレーションの大幅な変更は、DRSシステムを不要にするように設計されており、マシンの追従や追い越しを容易にすることを目的としている。

リアウイングのフラップを開くことでマシンのドラッグを減らしてオーバーテイクを容易にするDRSは、検知ポイントでF1ドライバーで先行マシンから1秒以内に走行していることが検知された場合、サーキットの特定の区間で使用できる。

しかし、F1イギリスGPで発表された2022年の次世代マシンのプロトタイプにはDRSアクチュエーターが搭載されていなかったため、DRSは来シーズンに廃棄になる可能性があると推測されている。

だが、マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、新しいF1マシンが期待どおりにレースの質を向上させることが本当に証明されるまで、DRSを残すことを望んでいる。

次世代F1マシンでオーバーテイクの機会が増える可能性について質問されたザク・ブラウンは「チーム内でも他の人も、誰もがそれがうまくいくと信じていると言われている」と Motorsport-total 語った。

「しかし、コースに出てみるわからないので、今のところDRSを維持することが良いアイデアだと思う」

「スプリント予選と同じように、マシンを走らせて『計画どおりに機能しているか?』を確認する必要がある。調整が必要でか? DRSが必要ですか? 我々は短い期間でいいのか、それとも、もっと長い期間必要としているのか?」

「我々はまず、データと図面、およびビジュアルエイドのみを扱っていく。しかし、コースに出てみるまではわからない」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトトヴォルフは、2011年の導入以来、DRSはF1ファンの視聴体験を向上させたと提唱している」

「DRSが導入されたのは、マシンが空力的に非常に効率的で、パフォーマンスの点で非常に接近しているため、追跡できなかったためだ」とトト・ヴォルフは述べた。

「これは、スポーツをより魅力的にした空力ツールだと思っている。しかし、将来、再びもっとうまく追従できるようになると、DRSは不要になる」

「しかし、今日、それはショーの素晴らしい部分だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / マクラーレン