エステバン・オコン 「F1レジェンドのアロンソの不必要な批判に失望」
エステバン・オコンは、フェルナンド・アロンソを F1 のレジェンドの 1 人として永遠に見なすが、アルピーヌF1チームでの二人の関係が辛辣なもので終わったことを後悔している。

アルピーヌF1チームでの2年間のチームメイト期間中、エステバン・オコンはフェルナンド・アロンソとホイール・トゥ・ホイールで戦うことに何の躊躇もしなかった。

だが、今シーズンは 2 人のドライバーの間にいくつかの危険の瞬間と緊密があった。たとえば、3月のジェッダでのバトルはアルピーヌF1チームのピットウォールの心拍数を急上昇させた。

そして、今月初めのブラジルのスプリントでの2つの別々の衝突が両方のドライバーのレースを台無しにした後、フェルナンド・アロンソはエステバン・オコンを強く非難した。

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームのチームメイトに狙いを定め、「チームメイトとの接触はは理想とはほど遠いけど、オコンとは一年中そんな感じだ」と述べた.

2023年に移籍が決まっているフェルナンド・アロンソは「あと1レースでそれもようやく終わった」と付け加えた.

しかし、ブラジルのスチュワードはフェルナンド・アロンソの見解に同意せず、メイン ストレートでエステバン・オコンと衝突したとして 5 秒ペナルティを与えました。

2人のドライバーは、チームから叱責を受け、二人の間で直接の議論はなされなかったが、シーズン最終戦のために全員がアブダビに再び集まるまでに問題は解決された。

しかし、エステバン・オコンは、フェルナンド・アロンソの辛辣な反応と批判に失望したことを認めた。

「レース後に彼のコメントを見てがっかりしたことは周知の事実だ」とヤス・マリーナでエステバン・オコンは語った。

「彼が行った批判の一部は必要のないものだった」

「でも、僕は彼をとてもリスペクトしている。彼が何年にもわたってトラックで成し遂げたことに対して、僕は永遠に彼をリスペクトする。彼はスポーツの伝説であり、それが変わることはない。でも、少しがっかりした」

エステバン・オコンは、F1アブダビGPを7 位でフィニッシュしたが、、フェルナンド・アロンソは水漏れの問題によって27周後にリタイア。ドライバーズチャンピオンシップでは、オコンはアロンソより11ポイント多く獲得して8位にランクインした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ