F1 エステバン・オコン 日本GP
フォースインディアのエステバン・オコンは、F1日本GPの予選Q3進出を果たして8番手だったが、FP3の赤旗提示時に十分に減速しなかったとして3グリッド降格ペナルティを科せられ、決勝は11番グリッドからスタートする。

「8番手は悪くないけど、今日はポテンシャルを最大限に発揮できなかったので満足はしていない」とエステバン・オコンはコメント。

「路面が乾いて改善し続けていると感じたので、数周分の燃料を積むというのが僕たちのQ3へのアプローチだた。実際、Q3のスタートから路面はすでにかなり乾いていたし、そこがトラックのベストだったけど、僕たちは重い燃料を積んでいた。そのあと、2回目の走行をスタートすることには雨が強くなっていた。他チームは僕たちよりもうまく判断していた」

「このようなウェットセッションでは何が起こるかわからない。だから、僕たちにはもっと多くのポテンシャルがあると思ってるし、レースで強いことはわかっている。明日何が起こるか見てみよう」

関連:日本GP 予選 結果 | ルイス・ハミルトンが今季8度目のポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | F1日本GP