F1ドライバーの2021年09月のF1情報を一覧表示します。

F1ドライバーらが『007 / No Time To Die』のワールドプレミアに登場

2021年9月29日
F1ドライバーらが『007 / No Time To Die』のワールドプレミアに登場
007最新作『No Time To Die / ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアがロンソンで行われ、F1界からも数名が参加した。

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで007の25作品目にあたる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアが開催され、多くのセレブとともにF1関係者もレッドカーペットに登場した。

F1、2022年はチーム選択の2回のFP1でルーキーの出走を義務化

2021年9月29日
F1、2022年はチーム選択の2回のFP1でルーキーの出走を義務化
F1は、2022年に競技規則を変更し、全F1チームが2つのグランプリで金曜日のプラクティス1回目にルーキードライバーを走らせることを義務化することで同意に至ったようだ。

2022年は完全に新しいF1マシンが導入されるが、プレシーズンテストは2回だけに制限されているため、若いドライバーにとっては従来のポストシーズンの“ヤングライバーテスト”以外に最新のF1マシンで走行時間を得る機会はほとんどない。

2021年 F1ロシアGP 決勝:トップ10ドライバーコメント

2021年9月27日
2021年 F1ロシアGP 決勝:トップ10ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

レース終了間際の雨が波乱の展開を生み出したレースでは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝し、通算100勝目という金字塔を打ち立てた。2位にはタイトル争いのタイバルであり、PU交換ペナルティで最後尾スタートからマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が入った。

2021年 F1ロシアGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2021年9月27日
2021年 F1ロシアGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの予選で11位~DNSだったドライバーのコメント。

雨に翻弄されたF1ロシアGPは、上位争いだけでなく、ミッドフィールドにも大きな波乱を生み出した。前半は上位を争っていたドライバーも、インターミディエイトに交換するタイミングによっては順位を落とすという運が結果を左右するレースとなった。

2021年 F1ロシアGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2021年9月26日
2021年 F1ロシアGP 予選:トップ10ドライバーコメント
2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1番手:ランド・ノリス(マクラーレン)
「もちろん、とてもハッピーだ。おそらくF1で最もハッピーかもしれない! F1での初ポールポジションだし、かなりトリッキーなコンディションだった。非常にタフで、多くのリスクを冒したし、ウォールにぶつかるかもしれないと何度も考えたけど、すべてが報われて、それだけの価値があった」

2021年 F1ロシアGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2021年9月26日
2021年 F1ロシアGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

11番手:セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
「今日はもっと良い結果が出せるポテンシャルは間違いなくあった。楽にQ3に進めるペースがあったと思うけど、最後の走行で角田(裕毅)のトラフィックに引っかかって、逃してしまった」

2021年 F1ロシアGP 金曜フリー走行:トップ10ドライバーコメント

2021年9月25日
2021年 F1ロシアGP 金曜フリー走行:トップ10ドライバーコメント
2021年 F1ロシアGPの金曜フリー走行でトップ10入りしたドライバーのコメント。

1番手:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
「タイムと自分のマシンのフィーリングに基づいて言えば、良い一日だった。初走行からは自信があったし、バランスも良かったので、ドライブに集中して、小さなゲインを探した」

2022年 F1ドライバーラインナップ:残るはアルファロメオの1シートのみ

2021年9月24日
2022年 F1ドライバーラインナップ:残るはアルファロメオの1シートのみ
2022年のF1ドライバーラインナップがほぼ出揃い、残りはアルファロメオの1シートのみとなった。

F1ロシアGPに先立ち、ハースF1チームは2022年もミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのランナップを継続することを発表。これでアルファロメオの1シート以外、9チームの2022年のF1ドライバーラインナップが正式に確定した。

2022年 F1ドライバーラインナップ … アルファロメオF1の空席に様々な噂

2021年9月18日
2022年 F1ドライバーラインナップ … アルファロメオF1の空席に様々な噂
2022年のF1ドライバーランナップがまた1チーム確定。事実上の最後の空席となるアルファロメオのシートについて様々な噂が持ち上がっている、

アストンマーティンF1は9月16日(木)に2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式発表。ベッテルの去就を巡る噂に終止符を打った。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム