2022年 F1ドライバーラインナップ:残るはアルファロメオの1シートのみ
2022年のF1ドライバーラインナップがほぼ出揃い、残りはアルファロメオの1シートのみとなった。

F1ロシアGPに先立ち、ハースF1チームは2022年もミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのランナップを継続することを発表。これでアルファロメオの1シート以外、9チームの2022年のF1ドライバーラインナップが正式に確定した。

これまでの報道によると、2022年のアルファロメオF1のバルテリ・ボッタスのチームメイトの選択肢はほぼ絞られていると考えられている。若手ドライバーになるのは間違いないようだ。

アルファロメオF1は、母体となるザウバーのジュニアチームに所属する18歳のテオ・プルシェールを2022年はリザーブドライバーでF1の環境を学ばせて、できれば2023年にF1デビューさせたいと考えている。

そのため、2022年は繋ぎの1年ということになる。候補は38億円のスポンサーパッケージをまとめていると噂される中国人ドライバーの周冠宇と現行ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィ。さらには周冠宇と同じアルピーヌのジュニアドライバーで現在FIA-F2でランキングトップのオスカー・ピエストリの名前も挙がっている。

当然、テオ・プルシェールの状況を踏まえてアルファロメオF1は1年契約を望んでいるが、誰も1年でシートを喪失することを分かって契約することは望まないはずだ。したがって、周冠宇、アントニオ・ジョビナッツィ、オスカー・ピエストリの誰かが妥協をするか、もしくはチームがテオ・プルシェールを思い切ってデビューさせるかという状況になっていると考えられている。

また、仮に最有力候補とされる周冠宇と契約するにしても、少なくともオスカー・ピエストリを倒してもらわなければ、“金で選んだ”と判断される。そのため、アルファロメオは残り3大会のFIA-F2の状況を見守っていくことになると考えられる。

2022年 F1ドライバーラインアップ


メルセデスF1
- ルイス・ハミルトン
- ジョージ・ラッセル

フェラーリ
- シャルル・ルクレール
- カルロス・サインツ

レッドブル
- マックス・フェルスタッペン
- セルジオ・ペレス

アルピーヌ
- フェルナンド・アロンソ
- エステバン・オコン

マクラーレン
- ダニエル・リカルド
- ランド・ノリス

アルファタウリ・ホンダ
- ピエール・ガスリー
- 角田裕毅

アストンマーティン
- セバスチャン・ベッテル
- ランス・ストロール

アルファロメオ
- バルテリ・ボッタス
- TBA

ハース
- ミック・シューマッハ
- ニキータ・マゼピン

ウィリアムズ
- アレクサンダー・アルボン
- ニコラス・ラティフィ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー