ダニール・クビアト 「レッドブルF1からリザーブのオファーがあるかも不明」
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2021年にレッドブルF1のリザーブドライバーの役割をオファーされるかどうかさえ確信が持てないと語る。

2021年にアルファタウリ・ホンダF1は角田裕毅を起用する可能性が高く、ダニール・クビアトは2021年もF1に留まれる可能性は“非常に低い”と認めている。

来年、F1で何らかの役割を果たせるとすれば、レッドブル・レーシングもしくはアルファタウリ・ホンダのリザーブドライバーを務めることかもしれにあ。

しかし、ダニール・クビアト「わからない」とバーレーンでコメント。

「まだ考えていないし、シーズン終了後にどんな選択肢があるのか見てみよう。それらをレビューして、自分に一番合ったものを選ぶつもりだ。」

ダニール・クビアトは、他のF1チームといくつかコンタクトがあったことを認める。

「電話がかかってくることもある。様々な場所から多くの関心が寄せられている」とダニール・クビアトは語る。

「すでに言ってきたように、このチームでとの僕の仕事は2019年と2020年だ。今は次に何が起こるかを見ていきたい。他の人が何を決めるかに関係なく、アブダビの後の自分の人生とキャリアをどうするか決めるつもりだ」

「そうだね、人々と話をしているし、マネージャーのニコラス・トッドととも連絡を保っている。将来のための興味深いオプションがあるかもしれない」

ダニール・クビアトは、2021年にサバティカルも選択肢であることを示唆しているが、それは好ましい選択肢ではないと語る。

「僕には選択肢があるし、そのうちの1つは来年休暇を過ごすことだ。F1では得られないような他のことを楽しむためにね」とダニール・クビアトは語る。

「多くの選択肢があるけど、来年の今頃何をしているかはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ