ピレリ 「クビアトのクラッシュはタイヤ自体の問題が原因ではなかった」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP 決勝
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、F1イギリスGPのダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)のクラッシュの分析結果を発表。クラッシュはタイヤがパンクしたことで発生したが、タイヤ自体に問題があったわかではなく、ホイールリム内のメカニカルな問題が原因だったと述べた。

ダニール・クビアトは、F1イギリスGPの12周目に高速コーナーのマゴッツ(ターン10)からベケッツ(ターン13)にかけてのセクションでマシンのコントロールを突然失ってクラッシュ。

レース後の映像ではリアタイヤのパンクが見られたため、ピレリはダニール・クビアトが装着していたタイヤをミラノに送り、追加のチェックを実施した。

ピレリは、クラッシュはタイヤが原因であったとしても、インシデントを引き起こしたのはタイヤではなかったと述べた。原因はホイールリム内部の別のメカニカルな問題が原因でタイヤのビードが故障し、クラッシュにつながったと説明した。

「スクーデリア・アルファタウリとともに、F1イギリスGPの12周目にダニール・クビアトがウォールに衝突したインシデントの正確な原因について調査を終えた」とピレリは声明で述べた。

「別のメカニカルな問題により、右リアホイールリムの内側が過熱し、タイヤのビード(タイヤのゴムとホイールを接続している部分)が焼けた。その結果、ビードはタイヤをリムにシールできなくなった」

「これがその後のパンクを引き起こした原因であり、タイヤ自体は事故の原因に関与してない」

ダニール・クビアトは、F1イギリスGPでのクラッシュについて「振り返ってみると、クラッシュを回避するために僕ができることは何もなかった、ギアボックスに問題があり、その瞬間に多くのスイッチを押していた」とダニール・クビアトは語った。

「すべてのラップでそうしていたし、クラッシュまでの2〜3周では多くの変更を行っていた」

「パンクしてタイヤが壊れた瞬間をスクリーンを見ていた。何が起こったのか本当に理解できなかった。とても奇妙で紛らわしい出来事だった。キャリアの中でこれほど高速コーナーでタイヤが壊れたことは一度もなかった」

「最初は縁石や芝生が原因かもしれないと思ったけど、もちろん、振り返ってみると、僕ができることはまったくなかった。硬いウォールではなく、タイヤバリヤにヒットしたのは幸いだった。あと数メートルで固いウォールにヒットしていたからね」

今週末の70周年記念GPにむけて、主催者はコーナーに追加なバリアを追加し、ピレリのラバーの切り込みを減らすために、様々なコーナーの縁石を変更している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / F1イギリスGP / ピレリ / アルファタウリ