レッドブル・ホンダF1の特別カラーが公式ゲーム『F1 2021』に追加
レッドブル・ホンダF1が先週末のF1トルコGPを戦った1回限りの特別カラーリングがF1公式ゲーム『F1 2021』で追加された。

レッドブル・レーシングとホンダF1は2019年からパートナーとして活動しており、今季はマックス・フェルスタッペンがドライバーズ選手権をリードし、コンウトラクターズ選手権でもメルセデスに挑戦している。

ホンダは今季限りでF1撤退を決定しており、2021年はレッドブル・レーシングとホンダF1のパートナーシップの最終シーズンとなる。

本来ならば、鈴鹿サーキットでF1日本GPで行われていたはずの週末に開催されたF1トルコGPで、レッドブル・レーシングは、ホンダF1へのオマージュとしてホワイトのスタイティシュなカラーリングを走らせた。

そして、このカラーリングは、F1公式ゲーム『F1 2021』の一部としてF1のデジタル世界で存続する。

F1トルコGPは、レースウィークエンドの大部分でライバルのメルセデスにペースが足りなかったことを考えると、レッドブル・ホンダにとってはポジティブなレースウィークエンドとなった。

マックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得した一方で、ライバルのルイス・ハミルトンが5位でフィニッシュしたことで、フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンシップのトップに返り咲いた。

マックス・フェルスタッペンは今、ルイス・ハミルトンに6ポイントリードして次戦F1アメリカに向かう。

マックス・フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスの介入がなければ、このようなポジティブな結果は得られなかったかもしれない。

セルジオ・ペレスは、ルイス・ハミルトンとの攻防でピットレーンの入り口に押し出されたが、ターン1で抑えきり、6月のフランスGP以来の表彰台となる3位でレースをフィニッシュした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / コードマスターズ / レッドブル / ホンダF1