シャルル・ルクレール 「レッドブルF1はラップをまとめられなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1オーストラリアGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ初日のフリー走行でトップタイムをマークしたが、レッドブル・レーシングは予選に向けてさらにペースを発揮してくると警戒する。

シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンに0.25秒差をつけてFP2でトップタイムをマークしたが、フェルスタッペンがトラフィックに遭遇し、フライングラップでタイヤを六佐瀬、摩耗したソフトタイヤでファステストラップを記録している。

「そうだね。彼らがラップをまとめられなかったという理由だけをとっても、今日の彼らが示した以上のものを持っていると思う」とシャルル・ルクレールはコメント。

「マックスは彼のファストラップで少しトラフィックがあった。非常に拮抗するだろう。だから、我々は日曜日にポールでスタートするために車を最大化する必要がある」

また、シャルル・ルクレールは、F1カレンダーへの復帰したアルバート・パークのチャレンジングな新しいレイアウトについても述べた。

「非常にトリッキーなコースだ。以前よりも速く、かなり滑りやすいけど、ここの金曜日はいつもそうだ。ここで2日間運転したわけではないし、今年は他のレースもないからね」とシャルル・ルクレールは続けた。

「トラックが改善して、予選のために最終的なグリップを得られるまでには少し時間がかかるけど、全体として、僕たちにとって非常にポジティブな一日だった」

「トリッキーなセッションだったね。特にFP1は僕にとって非常にトリッキーだった。車に作業してFP2は少し得なった。 明日FP3でさらに一歩前進できることを願っている」

シャルル・ルクレール F1 オーストラリアグランプリ スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1オーストラリアGP