F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
シャルル・ルクレールは、F1中国GPのチームオーダーについてフェラーリから説明を受け、管理するのが簡単な状況ではなかったことを受け入れたと語った。

スタートでセバスチャン・ベッテルを抜いて3番手に浮上したシャルル・ルクレールだったが、メルセデスとの6秒のギャップを縮めるためにチームメイトを先に行かせるようにチームオーダーを出された。

だが、セバスチャン・ベッテルはギャップを縮めることができず、レッドブル・ホンダのアンダーカットにやられてシャルル・ルクレールは5位でレースをフィニッシュすることとなった。

レース直後、シャルル・ルクレールはフェラーリのエンジニアから説明を聞くまでコメントを控えたいと語っていた。その数時間後、シャルル・ルクレールはプレス会見でフェラーリと話し合ったことを明かした。

「もちろん、ミーティングを行った。簡単な状況ではなかった。僕がタイヤに苦しんでいたのは明らかだった。僕たち二人ともね。でお、その時はセブの方が速いようだった」

「でも、数周にわたって僕の後ろにいたことで彼もタイヤにダメージを負っていたし、前に出たときにも彼のタイヤはダメージを負ったかもしれない」

フェラーリの説明に納得したかと質問されたシャルル・ルクレールは「そうだね。そう言っていいともう」と述べた。

フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、チームオーダーを決断する前にメルセデスにそれ以上引き離されないためにあらゆる選択肢を模索したと述べた。

「判断するのは常に困難だ。その時は前のメルセデスに対してタイムをしなわないようにすべてのことを試みたと思っている」とマッティア・ビノットはコメント。

「あれは我々にできた唯一のチャンスだった。我々はトライしたが、うまくいかなかった。だが、セブに機会を与えたのは正しいことだったと思っている。チームとして考え、我々はできる限りのことをした」

関連:F1中国GP 結果:ルイス・ハミルトンが1000回目の記念レースを制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1中国GP