シャルル・ルクレールの2021年03月のF1情報を一覧表示します。

フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」

2021年3月31日
フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPをダブル入賞で終えた後、“やっと”二人の競争力のあるドライバーを頼ることができると物議を醸すような発言をしている。

フェラーリF1は、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを追放し、2021年にカルロス・サインツに交代することを決定した。

シャルル・ルクレール、2列目4番グリッドは「嬉しいサプライズ」

2021年3月28日
シャルル・ルクレール、2列目4番グリッドは「嬉しいサプライズ」 / スクーデリア・フェラーリ F1バーレーンGP 予選
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの予選で4番グリッドを獲得。「嬉しいサプライズ」だと語った。

昨年は主にエンジンのパフォーマンス不足とドラッグの高い空力コンセプトによって戦闘力を失ったフェラーリだったが、今季はその両方の改善に成功しているように見える。

シャルル・ルクレール 「こんなに競争力があるとは思っていなかった」

2021年3月27日
シャルル・ルクレール 「こんなに競争力があるとは思っていなかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1バーレーンGP 初日
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGP初日のフリー走行を12番手で終えた。

昨年は一勝も挙げることなく、コンストラクターズ選手権を6位で終えたフェラーリ。今年は弱点だったエンジンを中心にマシン全体で改善を図った。

シャルル・ルクレールは、FP1で5番手タイムをマーク。FP2は12番手とタイムシートには現れなかったが、今季のフェラーリの競争力は想像していた以上だったと語る。

フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「2021年のマクラーレンは印象的」

2021年3月23日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「2021年のマクラーレンは印象的」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のマクラーレンはかなり印象的だと語る。

今週末の開幕を控えた2021年のF1世界選手権では、マクラーレンが、レッドブルとメルセデスに次ぐ第3の勢力としてシーズンに入ることになると予想されている。

「今年はレッドブルがメルセデスにとって非常に良いライバルになるだろうという印象を持っている」とシャルル・ルクレールは Codesport Monaco に語った。

ルクレール、2021年のPUは「少しはキャッチアップできたと思うけど…」

2021年3月18日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、2021年のPUは「少しはキャッチアップできたと思うけど…」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年型のF1パワーユニットは「少しはキャッチアップできたと思うけど…」と言葉を濁す。

シャルル・ルクレールは、フェラーリF1がかつてのポジションに返り咲くには時間がかかると考えている。昨年、スクーデリア・フェラーリは、131ポイントしか獲得できず、未勝利でコンストラクターズ選手権6位に沈んだ。

フェラーリF1の両ドライバーもSF21の蛍光グリーンの配色には驚き

2021年3月11日
フェラーリF1の両ドライバーもSF21の蛍光グリーンの配色には驚き
フェラーリF1のドライバーでさえ、2021年F1マシン『SF21』のカラーリングに追加された蛍光グリーンを最初に見たときには驚いたと語る。

フェラーリF1は3月10日(金)に2021年F1マシン『SF21』を発表。レッドとバーガンディのツートンカラーのボディには蛍光グリーンで『Mission Winnow』が配置された。

シャルル・ルクレール、ル・マン24時間レース出場に関心

2021年3月1日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、ル・マン24時間レース出場に関心
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、伝説的なル・マン24時間レースでレースをする良い機会が将来巡ってくるのであれば、喜んで受け入れると語る。

今週初め、フェラーリは、FIA 世界耐久選手権(WEC)の新しいハイパーカークラス用に開発されたマシンで、2023年からトップレベルのスポーツカーレースに戻る計画を発表した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム