フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPをダブル入賞で終えた後、“やっと”二人の競争力のあるドライバーを頼ることができると物議を醸すような発言をしている。

フェラーリF1は、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを追放し、2021年にカルロス・サインツに交代することを決定した。

先週末のF1バーレーンGPでフェラーリF1はシャルル・ルクレールが6位、カルロス・サインツが8位とダブル入賞。マッティア・ビノットは「良い出発点だ」と Sky Italia に語った。

「カルロスはすでにルクレールと非常にうまく連携している。ようやく両方のドライバーを信ることができるようになった。お互いに当てにできるのを知っていることは、チームのスピリットにも影響を与えるため、我々にとって重要だ。

「現時点でライバルは他のチームだ。トップに戻れば、ドライバー同士がライバルになる」

多くの人が、2021年の空力ルールの変更により、レッドブル・レーシングがメルセデスよりも優位に立ったと考えているが、おそらく最大の受益者はフェラーリだった」

シャルル・ルクレールはレース後「昨シーズンよりも確実にパフォーマンスは良くなっているけど、まだ先は長い」と語った。

たとえば、シャルル・ルクレールは、現時点ではマクラーレンの方が速いマシンを持っていることを認める。

「バーレーンではランド・ノリスと比較して不足していた。彼はとても速かった。レッドブルとメルセデスはまだどちらも射程圏内にはいないけどね」

「昨年よりも楽観的になっているし、僕たちの進歩を見れば、それほど悪くはない。これから僕たちは一生懸命に働き続けなければらない」

しかし、フェラーリは間もなく遅れを取り始める可能性がある。マラネッロは2022年のまったく新しいF1マシンに焦点を合わせているのに対し、メルセデスとレッドブルは今年タイトル争いのために積極的に開発する必要があるかもしれない。

「レッドブルとメルセデスがどうしていくかは私にはわからない」とマッティア・ビノットは語った。

「しかし、我々にとって、今年は表彰台を目指して戦うことは困難だ。彼らは我々よりも強い。だが、コンストラクターで3位を目指すことができるし、そのためにはマクラーレンと戦わなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール