フェラーリF1のシャルル・ルクレール、ル・マン24時間レース出場に関心
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、伝説的なル・マン24時間レースでレースをする良い機会が将来巡ってくるのであれば、喜んで受け入れると語る。

今週初め、フェラーリは、FIA 世界耐久選手権(WEC)の新しいハイパーカークラス用に開発されたマシンで、2023年からトップレベルのスポーツカーレースに戻る計画を発表した。

フェラーリがル・マン24時間レースに復帰するのは1973年以来となり、ドライバーのラインナップは間もなく発表される予定となっている。

このニュースはファン、競技者、レース主催者の間で関心の波を引き起こしたが、フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールもフェラーリのスポーツカーの取り組みに強い関心を持っている。

「僕はル・マンが大好きだ」とフェラーリF1のチームプレゼンテーションでシャルル・ルクレールは語った。

「ずっとル・マンのファンだった。機会があれば、喜んで参加する。今のところ、僕のメインの焦点はF1だけど、機会があれば、なぜいけないのか」

シャルル・ルクレールの新しいチームメイトであるカルロス・サインツも興味を持ってプロジェクトをフォローすると述べたが、彼はフェラーリでのF1の将来に完全に集中していると主張した。

「僕サイドから見ても、もちろん、非常に興味深いプロジェクトだ」とカルロス・サインツは語った。

「フェラーリのようなブランドが、ル・マンにもう一度挑戦したいと思っているのは素晴らしいことだと思う。僕は彼らのメインサポーターであり、ファンだしね」

「ドライビングに関しては、僕たちはここでやるべきことがたくさんある。僕の焦点はスクーデリア・フェラーリF1にあるし、現時点で他のプロジェクトは直接考えてはいない」

「フォローするけど、まったちょっと遠い話だ」

フェラーリはハイパーカーの計画についてほとんど詳細を提供ていないが、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、プロジェクトがF1での予算上限の実施に起因することを否定した。

「いいえ、それは金融規制の結果ではない」とマッティア・ビノットは語った。

「このプログラムは企業の観点から評価されたことだと思う。我々はフェラーリとして参加することにした」

「私が担当するか? フェラーリはユニークな会社であることを理解する必要があると思う。誰が担当し、誰が責任を負うかは問題ではない。だが、私自身が直接担当することはない」

「我々はスクーデリア・フェラーリとしてF1プログラムに完全に集中している。だが、F1として何らかのノウハウと専門知識でサポートできることは間違いない。我々はユニークな会社であり、そうするだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / ル・マン24時間レース