フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「2021年のマクラーレンは印象的」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2021年のマクラーレンはかなり印象的だと語る。

今週末の開幕を控えた2021年のF1世界選手権では、マクラーレンが、レッドブルとメルセデスに次ぐ第3の勢力としてシーズンに入ることになると予想されている。

「今年はレッドブルがメルセデスにとって非常に良いライバルになるだろうという印象を持っている」とシャルル・ルクレールは Codesport Monaco に語った。

「マクラーレンもかなり印象的だった」

マクラーレンの2021年F1マシン『MCL35M』はディフューザー領域でダウンフォースの損失を最小限に抑えるの抜け穴を突いた巧妙な設計を採用して関係者に感銘を与えた。

元ドライバーのクリスチャン・ダナーは「最も感銘を与えたのはマクラーレンだ」と F1Maximaal に語った。

「ダニエルは、マクラーレンに順応する時間がほとんどなかったにもかかわらず、うまく処理しているようだ」

ルノーで2年間過ごしてきたダニエル・リカルドは、マクラーレンのブレーキに適応しているところだと語っている。

それでも、クリスチャン・ダナーは「それは彼による信じられないほど印象的な仕事だった」と称賛する。。

対照的に、フェラーリからアストンマーティンF1に移籍したセバスチャンベッテルは、新しいマシンへの順応に苦労している。

「リカルドが示したように、すぐに新しいマシンに適応することは常に難しいが、それが不可能ではないのは確かだ」


クリスチャン・ダナーは、アストンマーティンが今年マクラーレンをかわすのに苦労するかもしれないと考えている。昨年までレーシング・ポイントとして知られていたチームはブランド変更のために「アプローチを完全に変えた」と説明する。

「彼らは3位でフィニッシュしたいと思っており、それは達成可能だ」とクリスチャン・ダナーは語った。

「しかし、そのミッドフィールドにはマクラーレン、アルピーヌ、アルファタウリがいるので、今年の最も厳しい戦いになるだろう。特に角田は非常に速かった。

「トップへの最後のステップは、突然、はるかに困難になっている」

「現時点では、レッドブルとメルセデスがトップにおり、残りのグリッドはこれら2つのチームの後ろにいる。ミッドフィールドは巨大で、実際にその一部ではないのはハースとウィリアムズだけのようだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / マクラーレン