フェラーリF1の両ドライバーもSF21の蛍光グリーンの配色には驚き
フェラーリF1のドライバーでさえ、2021年F1マシン『SF21』のカラーリングに追加された蛍光グリーンを最初に見たときには驚いたと語る。

フェラーリF1は3月10日(金)に2021年F1マシン『SF21』を発表。レッドとバーガンディのツートンカラーのボディには蛍光グリーンで『Mission Winnow』が配置された。

カルロス・サインツは「グリーンは予想していなかったね」とメインスポンサーであるフィリップモリスのMission Winnowのロゴに言及。

さらに重要なのは、新型コロナウイリスのパンデミックによってF1マシンがほぼ完全に“凍結”されたにも関わらず、フェラーリF1がパッケージに加えた変更の多さだ。

2020年の低迷の要因となったF1エンジンは完全に新しいパワーユニットへと生まれ変わり、ノーズは目に見えて微調整され、リアサスペンションとギアボックスはまったく新しいものになった。

「このマシンは、新しいレギュレーションによって昨年マシンから生まれた。部分的に凍結されているが、我々は可能な限りすべてエリアで改善を試みた」とフェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは語った。

それでも、フェラーリF1の今年の焦点は2022年F1マシンの開発にあるとマッティア・ビノットは認める。

「それも競技が計画していることだ」とマッティア・ビノットは主張する。

「レギュレーションの大幅な変更を逃したい人などいない。したがって、シーズン中のアプデートは、我々が長い間見てきたよりも少なくなるはずだ」

「シーズン開始時の勢力均衡は、終了時も同じである可能性がある」

最後に、マッティ・ビノットは、新加入のカルロス・サインツが少なくとも2021年シーズン序盤は彼のスピードの“100%”を示すことができないことは覚悟していると語る。

カルロス・サインツは「いつ100パーセントになるか? それは僕のマシンに対する最初のフィーリング次第だ」と語った。

カルロス・サインツ フェラーリ 2021年 F1ドライバーシャルル・ルクレール フェラーリ 2021年 F1ドライバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール